オーロラの下での生活も昔のこと。まるでオーロラのように儚く行ってしまった。あの経験から、何を生み出せるでしょうか。
by taka_s-birds
Notes
NEW!
HPはこちら
最新情報やギャラリー、過去の発表作品など。
鳥・旅・自然・暮らし。様々な写真作品の中から気に入ったものを上げています。

自己紹介はこちら
introduction page is here


Flickr
Here are my works!




[Links]

クイナ通り Soi 17
DOKODEMO野鳥
里山fieldnote
Hiyokichi UK bird life

Kazuの写真日記!!
安芸ノ野鳥探訪禄
パピリオの”鳥”ロマン/+α
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
検索
ライフログ
記事ランキング
XML | ATOM

skin by excite
帰島。
さて、島を離れたのが2週間ほど前。鷹の渡りを見たり、うっかり北海道へ渡ってみたりしていたのですが、先日再び島へ戻って参りました。たまの更新なので、写真多めで。

たったの2週間でこんなに変るのか!というほど、島は鳥で溢れています。
まず、ジョウビタキが目に入ります。最初は雌しかみなかったものの、3日ほど前から雄が増え、ついに数も逆転したように思います。雄と雌、別々に群れを作って行動している様子で、それぞれ集まって渡ってくるのではないか、と思えます。




シロハラもかなり多いです。数十という群れでいます。大型ツグミの声が聞こえるたびに探すと、たいていシロハラです。幼鳥も多いようで。


近所の草地にはノビタキ。おや?ちょっと遅くないかい?と思うのですが、昨日に見たときには雄の冬羽がいたので、まだ続々と通過中みたいです。


そして、ムギマキもこれまでに2羽見つけました。なかなか、撮影に協力的ではありませんが、それほど簡単に会える鳥ではありませんので嬉しいです。個人的には、3年ぶりかな?


島で一番、個体数が多く思えるのはカシラダカ。アトリも多いですが、カシラダカの比ではありません。カシラダカ200、アトリ50、ミヤマホオジロ5、くらい。


そう、ミヤマホオジロもいるんです。


島でムシクイが現れると ドキ っとするのですが、これはウグイスでしょう。


昨日、嬉しかった事としては、ベニヒワを2羽見つけた事でした。双眼鏡しかなかったのですが、だからこそ、出会えたのかも、と。ノルウェーで見た事は有ったものの、ここで出会うのはまた違う嬉しさがあります。じっくりと見させてもらいました。後日、撮らせてくれたら良いな、と思いつつ。毎日の短い時間で変化を感じられ、日々、新鮮です。
■  [PR]

# by taka_s-birds | 2014-10-23 12:32 | Field日記 2014 | Trackback | Comments(0)
干潟をぴょこぴょこ
岬の帰り道、ちょっと気になる干潟が有るというので寄り道。

テトラポッドにカワウ・ダイサギ・アオサギ。多種が群れる風景。その向こうに、風力発電。平和な風景か、それとも。


テトラによく目を凝らすと、なにやら小さい鳥がぴょこぴょこしてます。芦原の陰からも声が聞こえるので近付くと、いましたトウネン。


この手の鳥と出会うのは、とても久しぶりな気がします。波打ち際で腰を据え、あちらが近付いてくるのに合わせてレンズをとっかえひっかえしながら写しました。




もう満足!ってくらいにトウネンを写した後、別のテトラで夕暮れを迎えたシロチドリたちを撮影したところで、終了。


気持ちよくシャッターを切らせてくれた1日となったのでした。
■  [PR]

# by taka_s-birds | 2014-10-16 16:00 | Field日記 2014 | Trackback | Comments(0)
岬にて
実は、昨月末に島を一度、出ていました。以来、ちょっとバタバタが続いているのですが、出来る友人のお陰で、
4日。初めて、岬へ。明け方とともに、顔を出したのはホオジロ。


地着きのハヤブサがトビを蹴っ飛ばし、


南西へと渡っていく鷹を見送りました。
ハチクマ!朝、最初に飛んで来てくれた個体でした。今までの人生で見たどのハチクマより、近い!鷹斑の美しいこと!



また、台風一過の別の日。岬へ行く機会を得、今度はモズが朝のご挨拶。


強風で出足は鈍いかと思いきや、
最初のサシバが飛んだ、と思えば


次から次へ、サシバが飛んでいきました。




群れでも渡っていきます。もちろん、毎年群れを見送っている方々からすれば当たり前の風景なのかもしれませんが、このように、鷹を同時にたくさん見る機会は僕にとっては初だったので、もう興奮しっぱなしでした。


つい先日、ライフリストへ加えたばっかりだったチゴハヤブサも順調に飛びまして。シャープでかっこいいです。


いつまでも、こうでありますように。
■  [PR]

# by taka_s-birds | 2014-10-14 22:59 | Field日記 2014 | Trackback | Comments(0)
森の中にて。
島より。エゾビタキを見かけて以来、どうしたことか、後がなかなか続かなかったのですが、台風が過ぎた日には多くの小鳥を森に見る事が出来ました。
オオルリ雄の幼鳥です。成鳥と比べたら青い羽の面積はまだまだ少ないものの、茶色い羽とのコントラストでかえって鮮やかに見えます。
電線から挨拶してくれたのはサメビタキ。久しぶりに出会いました。その昔、はじめての一人旅で北陸を訪れた際、関東では少ないこの鳥があちこちにいて驚いたのを鮮明に思い出します。

こちらはエゾビタキ。こちらを気にするそぶりを見せず、近距離でたっぷり観察させてもらえました。

コサメビタキも至る所に。人を恐れないのがいいですね。
遊歩道へ入っていくと、茶色い陰が飛び去ったように見えました。樹幹を見上げたまま丹念に探すと、ツツドリと思しきトケンを見つけました。「しまった!」とばかりにすぐ、飛び去ってしまいましたが。
この島は、照葉樹とツル植物が非常に多く、また、起伏も大きいので鳥を見つけるのがなかなか難しい場所だと思います。だからこそ、普段の普通種の観察で培われる丁寧な観察力が必要になりますね。確かに、リストも増えないですが、そんな中、ひょっこり姿を現してくれた鳥と対峙する時間が幸せなのです。
■  [PR]

# by taka_s-birds | 2014-10-05 10:05 | Field日記 2014 | Trackback | Comments(4)
岸から見えた、海中のドラマ。
相変わらずの静かな海辺です。本を片手に、堤防に座り込んでいると、すぐそばの電柱でイソヒヨドリが囀り始めました。そっと、そのままの姿勢でカメラを手持ちで構え、飛び出す瞬間にシャッターをリリース。
別の日に撮影した雌ですが、採餌に夢中なときは、あまりこちらを気にしていない様子。


よく見かける割に、あまり撮影機会に恵まれなかったウミウですが、いつも休んでいるテトラを見つけてからは見に行くたびに出会えました。フェリーと本州を背景に。
さて、
ウミウの向こう、沖の方でなにか、小さな魚がはねたのが見えました。おや、と思い目を凝らすと、続けてたくさんの魚が見えてきました。

すると、水面下から飛び出して来たのはなんとクロマグロ!

さらに数分後、今度はその騒ぎを岸から見ていたウミネコたちが参戦。

この頃には小魚も散ったのか、クロマグロも見えず、また、ウミネコも思うように採餌できなかったのかそそくさと退散していきました。
なんとまぁ、岸からこのようなドラマを見る事になるとは。しばらくの間、遠目ながらも見えた必死な瞬間の連続に興奮してしまいました。





■  [PR]

# by taka_s-birds | 2014-10-02 23:52 | Field日記 2014 | Trackback | Comments(0)
秋の鳥
やっと、生活にリズムが出来てきまして、週に数日だけ、午後がフリーになる日が出来ました。

一昨日、その時間を使って島の北側へ。

スズメの群れに混じっていたのはニュウナイスズメ。最初に目に入ったのがニュウナイだったので気付けましたが、スズメだったら気付かなかったと思います。地面に降りている時、珍ホオジロの仲間かと思いました。

コサメビタキに続き、エゾビタキが渡って来ています。この鳥を見ると、いよいよ秋が来たな、という気がします。好きな鳥です。心なしか、関東より少し、到来が早いでしょうか。


港にはウミウ。じっくり撮りたいのですが、バスの時間が迫っていたため叶わず。滞在中に、近くで撮らせて欲しいのですが。


珍しい鳥たちではありませんが、季節のうつろいを感じさせてくれるには充分です。




■  [PR]

# by taka_s-birds | 2014-09-18 19:25 | Field日記 2014 | Trackback(1) | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >