野鳥フォトグラファー 菅原貴徳の日々。オーロラの下での生活も昔のこと。まるでオーロラのように儚く行ってしまった。あの経験から、何を生み出せるでしょうか。
by taka_s-birds
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Notes
NEW!
HPはこちら
最新情報やギャラリー、過去の発表作品など。
鳥・旅・自然・暮らし。様々な写真作品の中から気に入ったものを上げています。

自己紹介はこちら
introduction page is here


Flickr
Here are my works!




[Links]

クイナ通り Soi 17
DOKODEMO野鳥
里山fieldnote
Hiyokichi UK bird life

Kazuの写真日記!!
安芸ノ野鳥探訪禄
パピリオの”鳥”ロマン/+α
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
>Hiyokichiさん..
by taka_s-birds at 18:20
そうなんですよ、人生は。..
by hiyokichi at 20:34
>ヒヨ吉さん ありがと..
by taka_s-birds at 20:26
いつもブログとBIRDE..
by ヒヨ吉 at 18:16
花の蜜にかなり夢中な様子..
by taka_s-birds at 22:28
メジロは喉の黄色にも若干..
by ヒヨ吉 at 17:58
こんにちは。お久しぶりで..
by ヒヨ吉 at 17:56
生きものの見方は無限にあ..
by taka_s-birds at 17:13
ご配慮、ありがとうござい..
by ヒヨ吉 at 11:01
そ、そんな誰かに宛てたつ..
by taka_s-birds at 21:41
検索
ライフログ
記事ランキング
北海道ぷらぷら その3 天売島編 -Birding in wonderful Teuri island-
After birding in Sapporo, finally I left for Teuri island, where I've wanted to visit for 12 years!
さぁ、いよいよ、憧れの地、天売島へ!

c0001429_033124.jpg


出航直後、水が混じり合う風景。ここまで明確に、海の色が異なる境目というのも珍しい。
As soon as the ferry departed, we approached the meeting point of different waters. The color is different, that is because of watersof different origins.
c0001429_0331821.jpg


航路では、数百羽ものウトウを見ることができました。雛へのお土産でしょう、大きなイカナゴを咥えて、船の接近に驚いてあわてて潜るものも。
Rhinoceros Auklets are most abundant seabird during the cruise.
c0001429_0331391.jpg


経由地、焼尻島を出た頃には、20羽ほどのケイマフリも船に並走。写真には少し遠かったですが、その赤く美しい足を見せてくれました。

島に着いたのは夕方。挨拶をすまし、宿舎の周りを歩くと聞こえるのはノゴマの声。強烈な歓迎を受けました。
c0001429_0424498.jpg


ワクワクする日々の始まりです。
[PR]

# by taka_s-birds | 2016-06-15 00:44 | Field日記 2016 | Trackback | Comments(0)
北海道ぷらぷら その2 -Wandering birding in Hokkaido-
翌日も、朝から撮影です。現地に着いて見渡せば枝にコムクドリが止まり、
Next day we got up early to hike around a lake. Chestnut-cheeked Starling, which is not very often seen in my hometown, is very normal here in Hokkaido!

c0001429_18534360.jpg


電車の高架線ではツツドリがこちらを見ています。流石の北海道。
Oriental Cuckoos are looking for caterpillars to eat!
c0001429_18535214.jpg


カササギに出会いました。ノルウェー以来。
It is first time to see Magpie in Japan, though have seen in Norway before.
c0001429_19115788.jpg



ツグミの仲間たちは少しシャイ。水浴びを終えたアカハラは紅い腹を見せてくれず、
Thrushes are little bit shy. Brown-headed thrush hided behind leaves after taking a short-time bath.
c0001429_18541721.jpg


クロツグミはこちらを横目で見ています。左側に横切る影は雌。
Japanese Thrush scarcely come close to us.
c0001429_18541355.jpg


休息時、目の前に舞い降りたクジャクチョウ。
c0001429_18542037.jpg


この日はキビタキが非常に多く、歩く先で常に複数羽の声が聞こえるほど。少なく見積もっても30羽以上の雄を見たはず。
Narcissus Flycatchers were very abundant here! At least 30 males were spotted.
c0001429_18543156.jpg


帰り際。ベンチに座ってだらだらしていたら、目の隅で赤いものが地面に降りた気がした。よくよく見れば…あ!ツツドリの赤色型では!一部の雌のみに見られる色彩変異の一つで、春に出会うのは初めて。
Something in red moved in my sight. Who's that・・・? Oh, red morph of a female Oriental Cuckoo!
c0001429_1973962.jpg


嬉しい出会いが続いた日にはたくさん歩いた疲れも軽減されて行く。暮れる日に急かされるように、森を後にしたのでした。
[PR]

# by taka_s-birds | 2016-06-08 19:13 | Field日記 2016 | Trackback | Comments(0)
北海道ぷらぷら その1 -Wandering birding in Hokkaido-
早速森へ行きましょう。北海道は初めてではないのですが、なぜか行き先はいっつも函館。今回は鳥見が目的でしたので、まだ行ったことがない場所を巡ってみることにします。最初に出会ったのはアオジ。

As soon as we left luggages at hotel in Tomakomai, we rode on a bus to go watching birds.

First bird in Hokkaido was a male Black-faced bunting.
Can you see a metal ring attached on his right foot?
Serial number is written on the ring that tell us where he was ringed when he is accidentally recaptured, therefore his migration path.

c0001429_18261019.jpg


The forest was filled with bird songs. The most seen bird species was Narcissus Flycatcher. Even the fact that here we have plenty of opportunities to encounter this beautiful bird makes us very happy!

森に響く鳥たちの声。その中でも最も頻繁に耳にしたのはキビタキの声。この鳥にたくさん出会う機会があると言うだけでも、ここまでやって来た甲斐があるというもの。

c0001429_18261545.jpg


c0001429_18262138.jpg


合間に響くセンダイムシクイの声も良いですね。「チヨチヨビー!」
Eastern crowned willow warblers pass the forest with singing.

c0001429_18263413.jpg


限られた時間の中、たくさんの鳥たちに会えていい日でした。
[PR]

# by taka_s-birds | 2016-06-08 18:48 | Field日記 2016 | Trackback | Comments(0)
北へ。航路。 -going to the north-
蕪島から戻った3日後。ウミネコたちの騒ぎ声が耳からまだ拭えないまま、北へ向かう船に乗りました。月が海の上に作る光の道が好きです。この日も、青みがかった景色の中、黄金色の反射が。

Soon after I came home from Kabushima, I packed my luggage again to go to the north. During the cruise, I enjoyed watching seabirds and a seascape. The moon reflecting on the surface is my favorite one.

c0001429_21134167.jpg

When the morning has come, Black-footed albatrosses started flying around the ferry.
朝が来て、外へ。クロアシアホウドリが時たま近場を飛び、

c0001429_21161381.jpg

And Laysan albatrosses. Long time no see after I left Hawaii two years ago.
コアホウドリも、ハワイ以来。お久しぶり。

c0001429_21163982.jpg

寄港地ではウミネコがお出迎え。
Black-tailed gulls welcomed us at the port.
c0001429_21304176.jpg


さ、上陸。北の大地へ。
Now we arrived. It's time to begin birding!






[PR]

# by taka_s-birds | 2016-06-05 21:32 | Field日記 2016 | Trackback | Comments(0)
ウミネコの郷 -home of Black-tailed gulls-
めまぐるしいとはこのこと。そんな日々を過ごしています。記事を書く間もないまま、次、また次、と旅を続けています。

Two weeks ago, I went to Kabushima shrine where thousands of Black-tailed gulls breed.
さて、今年もやって参りました青森県は蕪島。ウミネコの郷です。
c0001429_19194644.jpg

昨年末、火災により神社が焼失してしまったこの島。ウミネコたちへの影響も心配されましたが、非繁殖期であったことが不幸中の幸いだったのか、それほど鳥たちへの影響はない様子。神社の跡地では、新たに巣を構えるものも。

Last year the shrine was lost by fire accident. Though we worried about how is this year's breeding, they came back to nest!

c0001429_19195249.jpg

c0001429_23253466.jpg
Eggs warmed by their parental bird

c0001429_19195996.jpg

c0001429_19194009.jpg
Sorry I do not intend to disturbe you!

c0001429_23252280.jpg
Eggs were starting to hatch out. I guess there would be many chicks seen recently. good luck!

[PR]

# by taka_s-birds | 2016-05-31 23:33 | Field日記 2016 | Trackback | Comments(0)
港での出会い -A lucky encount in the port-
4月の末に訪れた三陸の港でのこと。リアス式海岸の影に沈む夕陽を眺めようと防波堤に腰掛けると、ぽこっと現れたのはウミスズメ!

c0001429_22213064.jpg


c0001429_22205321.jpg
ウミスズメたちを見ていると、少し大型の水鳥が。よくよく見ればハシブトウミガラス!

c0001429_22221591.jpg


彼らが補食していたのは鮭の稚魚。
こういう予想外の出会いが、いいですね。

[PR]

# by taka_s-birds | 2016-05-31 23:00 | Field日記 2016 | Trackback | Comments(0)