野鳥フォトグラファー 菅原貴徳の日々。オーロラの下での生活も昔のこと。まるでオーロラのように儚く行ってしまった。あの経験から、何を生み出せるでしょうか。
by taka_s-birds
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Notes
NEW!
HPはこちら
最新情報やギャラリー、過去の発表作品など。
鳥・旅・自然・暮らし。様々な写真作品の中から気に入ったものを上げています。

自己紹介はこちら
introduction page is here


Flickr
Here are my works!




[Links]

クイナ通り Soi 17
DOKODEMO野鳥
里山fieldnote
Hiyokichi UK bird life

Kazuの写真日記!!
安芸ノ野鳥探訪禄
パピリオの”鳥”ロマン/+α
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
素敵な仕事をされましたね..
by Hiyokichi at 00:23
こちらこそ、お忙しい中あ..
by taka_s-birds at 08:40
先日はJBFでありがとう..
by Hiyokichi at 21:51
雨の夜、展望台までの坂道..
by taka_s-birds at 22:47
こんにちは。マムシがいる..
by ヒヨ吉 at 16:18
>Hiyokichiさん..
by taka_s-birds at 18:20
そうなんですよ、人生は。..
by hiyokichi at 20:34
>ヒヨ吉さん ありがと..
by taka_s-birds at 20:26
いつもブログとBIRDE..
by ヒヨ吉 at 18:16
花の蜜にかなり夢中な様子..
by taka_s-birds at 22:28
検索
ライフログ
記事ランキング
ベニバラウソの観察におけるいくつかのヒント+α
この冬の日本はウソ・アカウソの目撃情報が相次いでいるようですね。
個人的には、以前亜種アカウソが大量に見られている年に、みなが「ウソだ」という雄個体をよーく観察してると腹にうっすらと赤みがあるような個体をちょくちょく見かけていたのもあり、このような年には亜種ウソは実はほとんど数に寄与しておらず、アカウソばかりなのではないか、という印象を持ってます。嘘かもしれないので、ご自身で見たことを一番に信じることをお勧めします。

さて、ヨーロッパで見られるウソは、ベニバラウソという真っ赤な亜種ですヨーロッバアカウソというようです。家の近所でも木の天辺でなく姿はたまに目にするものの、撮影の機会が意外に少なく苦労していました。それが、もう1週間以上前になりますが、「さて、授業へ行くか」と腰を上げた瞬間に、部屋の窓の外へ雄2雌2の群れが飛来し、秋にはノハラツグミが食べていた実の残りを食べていました。「10分だけ…」撮影し、その後雪道を走って大学へ向かったのはいうまでもありません(ぎりぎり間に合いました)。

さて、この鳥の識別、雄は別にいいんです。見間違いようがないほどに、赤いですから。肉眼で見ると、むしろ「~マシコ」を想像してしまうような強烈な赤さです。
c0001429_9362232.jpg


c0001429_9363498.jpg


が、問題は雌。日本に飛来する可能性はほとんどないとは思うものの、記録はあるわけで。そうなると「なにがなんでも見つけてやる」となるであろう方の顔がいくつか浮かぶのですが(そういう自分もトライしたことがあるのですが)、いかんせん、資料がありません。そこで、いくつか特徴が分かる写真を写したかったのです。

前から見る限り、あまりほかの亜種と違う色をしている印象はありません。
c0001429_939456.jpg

羽軸は白いですね。亜種ウソにはない特徴ですが、亜種アカウソとの違いは…
c0001429_9395161.jpg

風切りが分かる画像です。これが、ヒントになるかなぁ…
c0001429_9473543.jpg


1個体だけじゃわからないことも多いですが、とりあえず一通りの角度から抑えられたことはうれしかったです。
まだ観察を続ける必要がありますね。

そのほかの話題としては、だいぶ数は減ったもののまだベニヒワやコベニヒワ、マヒワは見られ
c0001429_9495137.jpg


キレンジャクもたくさんいます。
c0001429_9503681.jpg

森ばっかり探してたのですが、先日街へ行ったら、そりゃもうスズメのように地面で公園のベンチでくつろいでましたので、後日また写しに行くつもりです。

そして、過去記憶にないほどの「すごすぎる」オーロラ。3時間森で待ったうえでの突然の強烈な光でした。
c0001429_9523681.jpg


湖に穴をあけ、
c0001429_9534496.jpg


釣れたのはホッキョクイワナ!紅いひれが美しいです。
c0001429_9535954.jpg

氷の下で何を食べてるのよ?と思ったのですが、調理の際に胃を開いたらまだ生きているザザムシが出てきました。なるほど、面白いなぁ。

さて、何やら面白いものも見れるようになってきましたよ!
0℃を超える日も増え、まだ春とは言えませんが、季節が進んでいくのは確実に感じられています。
残り4ヶ月を、さらに充実させていくための準備を進めています。
[PR]

by taka_s-birds | 2013-02-18 09:58 | ノルウェー暮らしの日々2012-13 | Comments(2)
Commented by ニクマル at 2013-02-18 17:53 x
メスは同じですねぇ
でも風切りの白斑が大きいので見分けられそうですね
それにしても・・・贅沢な!
Commented by taka_s-birds at 2013-02-19 03:00
風切りがヒントにはなりそうなのですが、さっき調べてたらふと白斑のないベニバラウソをポルトガルの写真で見つけてしまい、そう簡単にはいかなさそうです。
1年後の自分が見たらヨダレ垂らしそうな贅沢さですよね。笑
<< 少数派の鳥たち このところのノルウェー >>