野鳥フォトグラファー 菅原貴徳の日々。オーロラの下での生活も昔のこと。まるでオーロラのように儚く行ってしまった。あの経験から、何を生み出せるでしょうか。
by taka_s-birds
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Notes
NEW!
HPはこちら
最新情報やギャラリー、過去の発表作品など。
鳥・旅・自然・暮らし。様々な写真作品の中から気に入ったものを上げています。

自己紹介はこちら
introduction page is here


Flickr
Here are my works!




[Links]

クイナ通り Soi 17
DOKODEMO野鳥
里山fieldnote
Hiyokichi UK bird life

Kazuの写真日記!!
安芸ノ野鳥探訪禄
パピリオの”鳥”ロマン/+α
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
素敵な仕事をされましたね..
by Hiyokichi at 00:23
こちらこそ、お忙しい中あ..
by taka_s-birds at 08:40
先日はJBFでありがとう..
by Hiyokichi at 21:51
雨の夜、展望台までの坂道..
by taka_s-birds at 22:47
こんにちは。マムシがいる..
by ヒヨ吉 at 16:18
>Hiyokichiさん..
by taka_s-birds at 18:20
そうなんですよ、人生は。..
by hiyokichi at 20:34
>ヒヨ吉さん ありがと..
by taka_s-birds at 20:26
いつもブログとBIRDE..
by ヒヨ吉 at 18:16
花の蜜にかなり夢中な様子..
by taka_s-birds at 22:28
検索
ライフログ
記事ランキング
北海道ぷらぷら その5 天売島編 -Birding in wonderful Teuri island
水平線に日が沈む。
c0001429_1117250.jpg


岬は赤く染まる。
The cape and cliff turn red.
c0001429_11171689.jpg


Swifts
霞みがかった空にアマツバメが群れ飛ぶ。
c0001429_11172487.jpg


Is it time to go home? It isn't! Because Rhinoceros Auklets come back to their breeding colony!
まだ、帰路につくには早い。日没後、少しすると水平線の彼方から続々戻ってくる黒い影。
c0001429_11202791.jpg


It's said that there are eight hundred thousands of individuals nesting in this island.
ウトウの帰巣の時間帯です。この島で繁殖する、80万羽とも言われるウトウ。それらが一斉に帰ってくる様はまさに圧巻。羽音もすごい!
c0001429_11203981.jpg


After the amazing observation, I realized a number of stars are seen in the clear sky.
いつまでも見ていたい風景ですが、鳥たちのことを思って、8時になったら観察を切り上げるのがルール。気がつけば空にたくさんの星。
c0001429_1118490.jpg


見上げてばかりいると足元にはマムシもたくさん。下にも気をつけて歩きましょう。
[PR]

by taka_s-birds | 2016-07-07 11:27 | Field日記 2016 | Comments(2)
Commented by ヒヨ吉 at 2016-07-08 16:18 x
こんにちは。マムシがいるの!?私がGWに行ったときには寒くてまだ活動前だったのでしょうね。。。まったくヘビに対するセンサーを持っていませんでした(笑)

くれぐれもお気をつけて。
Commented by taka_s-birds at 2016-07-08 22:47
雨の夜、展望台までの坂道を上っていたら10匹近く見ました。他の日には見ませんでしたが、潜んでいるんですね。
<< 夏池に 北海道ぷらぷら その4 天売島... >>