野鳥フォトグラファー 菅原貴徳の日々。オーロラの下での生活も昔のこと。まるでオーロラのように儚く行ってしまった。あの経験から、何を生み出せるでしょうか。
by taka_s-birds
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Notes
NEW!
HPはこちら
最新情報やギャラリー、過去の発表作品など。
鳥・旅・自然・暮らし。様々な写真作品の中から気に入ったものを上げています。

自己紹介はこちら
introduction page is here


Flickr
Here are my works!




[Links]

クイナ通り Soi 17
DOKODEMO野鳥
里山fieldnote
Hiyokichi UK bird life

Kazuの写真日記!!
安芸ノ野鳥探訪禄
パピリオの”鳥”ロマン/+α
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
素敵な仕事をされましたね..
by Hiyokichi at 00:23
こちらこそ、お忙しい中あ..
by taka_s-birds at 08:40
先日はJBFでありがとう..
by Hiyokichi at 21:51
雨の夜、展望台までの坂道..
by taka_s-birds at 22:47
こんにちは。マムシがいる..
by ヒヨ吉 at 16:18
>Hiyokichiさん..
by taka_s-birds at 18:20
そうなんですよ、人生は。..
by hiyokichi at 20:34
>ヒヨ吉さん ありがと..
by taka_s-birds at 20:26
いつもブログとBIRDE..
by ヒヨ吉 at 18:16
花の蜜にかなり夢中な様子..
by taka_s-birds at 22:28
検索
ライフログ
記事ランキング
ヤマガラの求愛行動・給餌
今日の朝も相変わらず起きることができず、ゆっくりの出発となりました。最初は河原へ行って、渡り途中のノビタキを探そうと思っていたのですが、家を出てみると、天気予報に反して、かなりの強風でしたので、目的地を変更しました。とはいっても、ここも丁度冬鳥と夏鳥の入れ替わりの狭間の時期で、なかなか変化がありません。センダイムシクイを探しましたが、今日も不発でした。暫くの間ツバメの飛翔を撮る練習をした後、あてもなく森へ入っていくと、新芽を啄ばむヤマガラを見つけたので、暫く撮影しました。そのうちに高い所へ行ってしまったので、移動し、桃の花に止まるシジュウカラを待っていると、1羽のヤマガラが桜に止まったのですが、あまり良く見えるところではなかったので、カメラを構えるのをやめると、突然地面に降り、そのまま直ぐに飛び上がったので、その先を見ると、2羽のヤマガラが並んでいました。そして、慌ててカメラを向けると、求愛給餌を行っていました。ヤマガラの求愛給餌というのは聞いたことが無かったのですが、実際に観察できたのがなによりです。行動から、左が雄と思われます。
ヤマガラ
c0001429_20231185.jpg
c0001429_20232433.jpg
c0001429_20234067.jpg
c0001429_2023512.jpg



に登録しています。Clickで一票、よろしくお願いいたします。

いよいよ来週から学校が始まります。毎日の更新、続くか分かりませんが、応援していただけると励みになります。
[PR]

by taka_s-birds | 2007-04-05 20:23 | Field日記 2007 | Comments(6)
Commented by イヤパン at 2007-04-06 08:03 x
おはようございます。
このような写真を拝見すると,人間社会の殺伐とした日常がいやになりますね。野鳥の方が人間よりも数段真剣に生きているのが解ります。見習いたいものです。
ヤマガラのニ羽物はじめて見たような気がしますが,雄と雌解りにくいですね。
Commented by asa92 at 2007-04-06 13:23 x
taka_s-birds さんこんにちわ.
ヤマガラはうちの庭にもよくやってきます.
いつも二羽そろってくることは来るのですが,
こうして並ぶことはありませんでした.
庭のミニサンクチュアリーは3月半ばでやめましたので,
今はあまりやってきません.これからが繁殖の時期ですよね??
時期的なことも関係するのでしょうか.
Commented by taka_s-birds at 2007-04-06 22:50
>イヤパンさん
こんばんは。
鳥には表情がない、という人が居ますが、観察しているととてもそうは思えませんね。その中でも、しっかりと真剣に生きている、と感じられます。鳥を初め、野生動物から人間が学ぶべきことは沢山あると思います。

ヤマガラの雌雄の識別は外見では無理でしょうね。でも、左の個体が餌を渡していたので、左が雄と思われます。
Commented by taka_s-birds at 2007-04-06 22:54
>asa92さん
こんばんは。
お庭にヤマガラとは羨ましいですね。ヤマガラは一年中ペアで行動するそうです。他の鳥と一緒に混群を形成しても、必ずペアで一緒に居るそうです。声もかわいいですね。そろそろ囀っているでしょうね。

繁殖期には餌台は撤去しないと駄目ですね。営巣に行く時期が遅くなるそうです。我が家のミカンも、3月で終わりです。
Commented by asa92bird at 2007-04-07 08:31
そうですね。
朝、ヤマガラの鳴き声が目覚まし代わりなんですよ。
今度来るのは夏の終わりに庭のエゴノキのみがなるころです。
Commented by taka_s-birds at 2007-04-07 21:57
>asa92さん
ヤマガラの声で目覚まし代わりとは贅沢ですね。こちらはカラスばかり・・・。お庭にエゴの実ですか。ヤマガラのレストランですね。
<< シギチ・・一転、猛禽日和 冷たい、春の渓流 >>