野鳥フォトグラファー 菅原貴徳の日々。オーロラの下での生活も昔のこと。まるでオーロラのように儚く行ってしまった。あの経験から、何を生み出せるでしょうか。
by taka_s-birds
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Notes
NEW!
HPはこちら
最新情報やギャラリー、過去の発表作品など。
鳥・旅・自然・暮らし。様々な写真作品の中から気に入ったものを上げています。

自己紹介はこちら
introduction page is here


Flickr
Here are my works!




[Links]

クイナ通り Soi 17
DOKODEMO野鳥
里山fieldnote
Hiyokichi UK bird life

Kazuの写真日記!!
安芸ノ野鳥探訪禄
パピリオの”鳥”ロマン/+α
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
Y.O.さま 憧れ..
by taka_s-birds at 12:37
Hiyokichiさま ..
by taka_s-birds at 12:36
ツノメドリ、エトピリカに..
by Y.O. at 18:44
いい旅をされていますね。..
by Hiyokichi at 21:07
トド、すごかったです。あ..
by taka_s-birds at 04:48
鍵コメントさん。 こん..
by taka_s-birds at 14:38
お返事が遅れ大変申し訳あ..
by taka_s-birds at 11:21
素敵な仕事をされましたね..
by Hiyokichi at 00:23
こちらこそ、お忙しい中あ..
by taka_s-birds at 08:40
先日はJBFでありがとう..
by Hiyokichi at 21:51
検索
記事ランキング
キジ・・・大きさの比較?
今日は普通の更新です。日曜日撮影のキジから、雄と雌の大きさを比較できる写真が撮れていたので、掲載します。でも、尾羽の長さが違うだけで、あまり大きさが違うようには見えませんね。1,2枚目の写真ですが、2羽とも葦原の中に入って隠れてしまったのですが、そのうちに再び表へ現れるのは明らかだったので、ブラインドに入ったまま移動し、コースに入って待ちました。程なくして葦原から出てきた後、雄は一回幌打ちをし、予想通りのコースで、2羽一緒に歩いてきました。このような時は、いつも雌のほうが先を歩いていました。また、隠れている時も先に動き出すのは雌で、雄はだいぶ経ってから警戒を解く、という感じでした。雄のほうが目立つからでしょうか。3枚目は、瞬間だったので分かりませんでしたが、雄が雌に対して行う行動と思います。体をボールのように膨らませていました。
キジ
c0001429_22253542.jpg
c0001429_22254859.jpg
c0001429_2226280.jpg



に登録しています。Clickで一票、よろしくお願いいたします。

一生懸命更新中です!お陰さまで、アクセス数が急上昇です。是非、クリックで投票を!
[PR]

by taka_s-birds | 2007-05-15 22:31 | Comments(2)
Commented by japanese-crane at 2007-05-16 08:40
こんにちは。

キジ・・・思い返すと子供のころはよくその辺で見かけた記憶があります。
今は全く見かけなくなりましたけど。
かえる、蝶々、トンボ・・・考えてみると見かけなくなったor見る機会が減った生き物は結構いるような気がします。
どれも人間の営みと無関係ではないと思います。
Commented by taka_s-birds at 2007-05-16 22:12
>japanese craneさん
こんばんは。
キジなんて身近に居るものではない、と思っていましたが、意外と居るものですね。こちらではまだ沢山見られます。特にここ数年、数が増えている気がします。でも、身近だと思っているものでも、すぐになくなっていってしまうかもしれないのですね。
<< 川原の主役 営巣の撮影に思うこと >>