野鳥フォトグラファー 菅原貴徳の日々。オーロラの下での生活も昔のこと。まるでオーロラのように儚く行ってしまった。あの経験から、何を生み出せるでしょうか。
by taka_s-birds
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Notes
NEW!
HPはこちら
最新情報やギャラリー、過去の発表作品など。
鳥・旅・自然・暮らし。様々な写真作品の中から気に入ったものを上げています。

自己紹介はこちら
introduction page is here


Flickr
Here are my works!




[Links]

クイナ通り Soi 17
DOKODEMO野鳥
里山fieldnote
Hiyokichi UK bird life

Kazuの写真日記!!
安芸ノ野鳥探訪禄
パピリオの”鳥”ロマン/+α
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
Y.O.さま 憧れ..
by taka_s-birds at 12:37
Hiyokichiさま ..
by taka_s-birds at 12:36
ツノメドリ、エトピリカに..
by Y.O. at 18:44
いい旅をされていますね。..
by Hiyokichi at 21:07
トド、すごかったです。あ..
by taka_s-birds at 04:48
鍵コメントさん。 こん..
by taka_s-birds at 14:38
お返事が遅れ大変申し訳あ..
by taka_s-birds at 11:21
素敵な仕事をされましたね..
by Hiyokichi at 00:23
こちらこそ、お忙しい中あ..
by taka_s-birds at 08:40
先日はJBFでありがとう..
by Hiyokichi at 21:51
検索
ライフログ
記事ランキング
カテゴリ:未分類( 117 )

身近にハクチョウのいる生活
普段、ハクチョウがいない地域に住んでいるので、日常の中にたくさんのハクチョウがいる風景は新鮮でいいですね。

c0001429_19212627.jpg

c0001429_19214355.jpg

c0001429_19220688.jpg

c0001429_19222374.jpg

ガンやハクチョウなど、大きな水禽に魅力を感じはじめている今日この頃です。





[PR]

by taka_s-birds | 2016-11-12 19:23 | Comments(2)
虎の威を借る・・・
そういえば。という訳でもないですが、もう越冬期が終わり、この場所からも去ったので載せようかと。冬の間、コソコソと撮影していた鳥、トラフズク。

c0001429_2038464.jpg


観察開始初日、カメラを向けたら思いっきり睨まれたので、数日間は双眼鏡だけ持って、塒(ねぐら)を出てからどこへ向かうのかをひたすら観察。次の数日は止まりそうな場所で待機。毎日少しずつ距離を詰めて、僕に慣れてからようやくカメラを構えました。10日を過ぎた辺りで、カメラの音も気にしないようになりました。毎日同じジャケットで行き、安心してもらうために僕を認識させました。

ほとんどの場合、塒から出たらすぐ見えないところへ飛び去り、闇の中へ行ってしまいますから、最初に止まった枝だけが撮影の勝負。シャッターを切れるのは長くて10分です。故に、下手にプレッシャーをかけて塒を放棄させるなんてもってのほかで、逆に僕に慣れてくれた方がシーズンを通してのチャンスは多いだろう、と思った次第です。

今回の写真は随分明るく写っていますが、シャッター速度を数秒に設定し、ストロボやライトなどを当てることなく撮影したものです。それができたのは、ISOを上げても充分な画質を保ってくれるカメラがあったからこそ。自分の技術は棚に上げて、最近の優秀なカメラが撮らせてくれたということです。虎の威を借りて。


まだまだだなぁ、と思ったのは、被写体が魅力的であると、写せたことで満足してしまい、構図やレンズ選択が甘い、なんてことも多々・・・。家に帰ってパソコンに取り込んだところで、詰めの甘さを嘆くんですね。そう、被写体の持つ力に頼りすぎて。確かに人気の鳥なのでいい反応はもらえるのですが、虎の威を借りてばっかじゃダメですね。

あと、今回撮影してみて気付いたのは、夜というのは思いの外、明るいということ。それも、晴れより曇り、曇りより雨の日に明るい。都会の灯りを雲が反射するので、空抜けなら鳥のシルエットがよく見えるのです。お陰で、ライトを使うことなく、耳のような羽(羽角)のシルエットを頼りにピントを合わせることができました。それでも、一度闇に溶けたらもう見えないのですが。

c0001429_13453718.jpg


余談ですが、
撮影するにあたって、フクロウ類のどのような写真が撮られているのかを調べたりしたのですが、ストロボをクリップ・オンにして、正面から発光させているものが多々ありました。鳥がレンズを覗き込んでいるものまでも。せめて、正面から閃光を浴びせるのは控えてやらないとと思いました。それと、瞳孔の大きさを見ればどの程度強くライトを当てたのか想像がつきますね。猫と一緒です。年末にちょうど、何度かストロボの話題になったのもあり、考えを新たにしたところでした。

ストロボの是非を論じるつもりはありませんが、無くて済むなら無しで済んだほうがいいのは自明です。使うにしても、以前よりも相当、弱い光で充分ですね。工夫をしてやることで、鳥たちへの負担も減らせると思います。

このような気付きと反省と、経験をさせてくれたトラフズク。この鳥の写真を載せることにすごくナーバスになっていたのは、例えば音を立てたり塒の樹を蹴って目を開けさせるなど、信じられない方法で写す人が残念ながらあちこちにいると聞くからです。

けれど、載せると決めた以上は一言。

「本当に、その方法じゃないと写せないのか。」
常に考えるようにしようと思います。

[PR]

by taka_s-birds | 2016-05-04 13:49 | Comments(0)
「ねずみに支配された島」を読んで
はじまりました、突然思いつきで書き連ねるこのコーナー。今回の本はウィリアム・ソウルゼンバーグ著「ねずみに支配された島」。自分のための覚え書きが9割。

c0001429_23214146.jpg

まず、この本のタイトルは「ねずみに支配された島」ですが、元の英題を見れば分かるように、本書が扱っているのは野生の楽園である地域(主に島。島と言うのは、捕食者の侵入がない環境下で独自に進化する生物も多い)に、本来そこにいなかった生物が"人為"的に侵入し、そこに本来あった生態系を如何に破壊してきたか、というもの。そしてもう一つ、そのような危機的状況から脱するために、人類はどのような作戦を実行したか、その成果は?というもの。本書で登場するPredators(侵入者)にはネズミだけでなく猫や狐、更にはヤギやブタまで含まれており、一見愛らしく見える動物さえも、生態系の崩壊を招き得ると言うことが書かれています。とはいえ、もっとも多くの文量を割かれているのはネズミです。

例えば、ニュージーランドにおいて、ネズミの進入によって、飛べないオウムの仲間、カカポが失われて行く課程であったり、アラスカ州の崖で繁殖するウミスズメの仲間が激減した事例。北極圏の崖で繁殖するウミスズメ類の数は圧倒的で、端からはその数が衰退している様子を汲み取るのは難しい。しかし、よく見れば、個体の中で最も栄養価が高い脳みそと心臓のみを食われた死体が岩陰に無数にあり、その数から計算すると、無数にいるように思えるウミスズメでさえも、数十年のうちに地球から失われてしまという恐るべき計算式が成り立つそうです。

我々が調査で訪れる島でも、猫やネズミにやられたと思われるミズナギドリ類の遺骸を見かけますし、最近では、アホウドリ類のヒナが生きたまま傷口から肉をネズミに食べられているショッキングな写真がSNSで出回っているのを見ました。繁殖地で親を待つアホウドリの雛はぷくぷくしたオイルタンクのようなもの。天敵のいない島で繁殖するウミスズメと同様、無防備な彼らは捕食者にとってはこの上ない食糧となるのは想像に難くありません。あるいは、直接的に攻撃を与えない場合でも、植物を食い尽くすことで周囲の環境に改変を加え、結果的に生態系のバランスの崩壊を招く場合も。


c0001429_00192573.jpg
ハワイ州のコアホウドリの雛


ネズミの拡散の歴史は、人類の航海の歴史と被ります。積み荷に紛れて各地を旅し、辿り着いた先で爆発的に数を増やし、あっという間に勢力を拡大してきました。本書はその途方もない数のネズミを徹底的に島から排除し、原生の自然を取り戻すまでの経緯が軸です。

しかし、ネズミたちが各地に侵入するにあたっては、人類が多大に手助けをして来たことが明らかです。にも拘らず、全体を通して彼らを「侵入者」「忌々しい敵」と表現するなど、忌むべき対象として認識するように一貫して誘導されています。その一方で、本来は「いかにして侵入者を駆除するか」という目的のもとで研究をしていたネズミという生物に対し、研究を進めるに連れ研究者たちがネズミの持つ知性や能力の高さ(例えば、毒餌を食べて苦しむ他個体を見るとその餌を避けるようになる、海を数百メートルも泳いで移動する)に驚嘆し、愛らしさまで感じている様子が書かれています。「ネズミ算式に」増えることで、人間が作った毒餌さえも見抜く性質を持った優秀な遺伝子が個体群中で急速に増えるなど、変化や揺さぶりに強いと言う点でも優れています。実際に、知性や能力の高さを感じられる例を書き連ねた章では、読んでいる自分も、もっとネズミたちのことを知りたくなるような、野生動物としての優れた面を感じさせられるものでした。

最終的に、成功した駆除策と言うのは主に2つ。ひとつは「毒餌」およびその散布手法の開発。そこで様々な毒餌を開発することで島のネズミを根絶することに成功します。これにより、ネズミの根絶には劇的な効果があり、ネズミが1匹もいなくなった島では、原生の自然が戻りつつあることが示されています。その一方で、スカベンジャー(腐肉食の動物)は、このような毒餌を食べて体内に毒素を蓄積し、実際に死亡している例も見つかっているとのこと。しかし、駆除前よりもその島で繁殖する生物の多様性は上昇し(それは、オリジナルの状態=侵入者が侵入する以前の水準 なのですが)、数年のうちに一時的に失われた種も戻ってくるとのこと。短期的に見れば、毒餌を食べた"個体"は死ぬものの、長期的に見れば個体群の維持には有益に進むこと。この視点を持ち、時にドライにならなくては自然回復事業には取り組めないことがわかります。

もうひとつはより直接的で「銃殺」です。ハンターを雇い、徹底的に侵入者を撃つ。そのために、女性ホルモン投与によって雄を惹き付ける能力を高めた雌を囮に使い、おびき出された雄を撃つなど、倫理的にギリギリのところで行われている作戦も多々。

問題は、ここで死ぬ動物種。ここで人間のエゴイスティックな思考が問題になります。つまり、ネズミが死ぬのと、猫や狐、ハクトウワシが死ぬのでは死の重さが違う、と考える性質。大事なのは、作戦に関わっている人たちでさえ、何も喜んで侵入者を殺しているのではなく、(ネズミの知性に虜になった研究者のように)痛みを感じつつも駆除に関わっているということ。この感情が理解できないと、0か1の、極端な議論が起こり、互いに歩み寄ることができなくなると感じます。「護ることは殺すこと」。殺すことの痛みを感じつつ、しかし、この一時の痛みを耐え抜くこと(そこには、新聞の投書、世論、そして動物愛護論者たちからの批判も含む)により、原生の生態系を取り戻す喜びに触れることができるはずと信じることが大切です。この状況を、ガン患者に対する副作用を伴った治療、とした表現は秀逸だと思いました。

さて。
読みはじめはたくさんのカタカナ語の地名や、独特の語り口調、言い回しに読みにくさを感じましたが、無理矢理読み進めて行くうちに解消されて行きました。これからの世代で失われる種類が少しでも減るよう、みなさんにぜひ読んでいただきたい良書であると思います。

[PR]

by taka_s-birds | 2016-05-03 00:22 | Comments(0)
謹賀新年 2014
いつも当Blogにお越しの皆様。

どうもありがとうございます。

昨年の始まりはポルトガル・リスボンで迎え、ノルウェー留学後半を経て夏に帰国。
2年ぶりに日本で年明けを迎えました。大学の友人とともに、フットサルをして楽しく年をまたぎました。

2013年は、新しいモノをたくさん知り、また、人とのつながりも広がったことでとても記憶に残る年になったことは間違いありません。また、ノルウェーフォトコンでグランプリ、雑誌の表紙に、再来週出るBirderでのグラフィックと、人に見て頂ける機会が増えていることは素直に嬉しいです。自分のすること、したいこと、スタイルは全く変える気も変わる様子もありませんが、これを土台に、また次に迎える年にしたいと思います。

今年は午年。年男子・厄年です。

ヨーロッパの、馬のいる風景を。
ノルウェー・ボードー
c0001429_2325249.jpg


オーストリア・アッテナングプッチハイム
c0001429_23274490.jpg


スペイン・コルドバ
c0001429_2328823.jpg


イギリス・マンチェスター
c0001429_23295458.jpg


それでは、本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。
[PR]

by taka_s-birds | 2014-01-01 23:42 | Comments(0)
お隣さん
http://www.youtube.com/watch?v=XZb5GBWo74Q&feature=player_embedded

お隣の国、スウェーデンで撮影された映像、すごいです!
2万羽ほどのアオガラが渡っていったそうです。カラ類がこんな風に動くとは!

この映像見てたら、窓の外から部屋をアオガラが覗いてました。笑
ビデオ内の声に反応しちゃったんですね、ごめんなさい。
[PR]

by taka_s-birds | 2012-10-07 21:27 | Comments(0)
ふたたび
こんにちは。お久しぶりです。

突然ですが、みなさまに御報告があります。

現在、大学4年生として卒業論文作成に向けた研究を行っている今日このごろですが、
この夏から、11か月、およそ1年間にわたり、ノルウェーへ交換留学生として派遣されることが決まりました。
c0001429_11481872.jpg


昨年の3月に訪れ、その環境の良さに惹かれるようになり、応募を決意。およそ1年に及ぶ手続きを経て、無事に派遣されることが決まりました。大学4年生という時期、卒業どうするのさ?とか、就職活動は?という不安要素がないわけではなかったのですが、このチャンスを逃したら後悔するだろうなぁ、と、留学に向けて準備を進めて来ました。来年の6月に帰国して、それから、その時に自分が何を考えているのか、考え方がどう変わってるのかも楽しみなので、今は何も決めず、1年かけて考えて来たいと思います。

c0001429_11474025.jpg
c0001429_1147288.jpg
c0001429_1147211.jpg
c0001429_11464925.jpg


さて、向こうでは北極圏の街に住みます。寮の裏は山、海岸までも歩いて行けます。昨年訪れた時には、ケワタガモやオジロワシ、キツネ、アオガラなんかを見ました。どうやらヘラジカやトナカイ、ミユビゲラにクマゲラなんかもいるようです。夏には襟巻したエリマキシギや、ずっと憧れていた鳥、キョクアジサシもやってくるようです。北極から南極まで旅する鳥です。
また、オーロラが見れる北緯を十分に満たしていますので、こちらも期待しています。

こんな街で、1年かけて、なにが見れるか楽しみです。

c0001429_11461360.jpg

c0001429_11455324.jpg

c0001429_1145407.jpg


出国は、7/25。オスロまで行って、8/8までは入寮できないので、
オスロ-ラトヴィア-リトアニア-ベルギー-イギリス
と旅してきます。イギリスから大学のある街へ向かいます。

この旅からは、EOS 5D Mark Ⅱ
という新しい仲間が加わります。最高の画質で記録できますね。

長く続けてきたこのブログ、その留学生活の記事も可能なら書きたいですね。あるいは、ほかにまとめるかもしれません。
最近、一番更新しているのはFacebookです。僕の本名を知ってる方は、是非検索してみてくださいね。

出発まで、あと50日を切りました。イメージを膨らませながら、準備を進めていこうと思います。
c0001429_1145473.jpg

[PR]

by taka_s-birds | 2012-06-08 12:01 | Comments(0)
暑いですね…
3月に行った、フィンランド海に浮かぶ氷の写真を…
c0001429_14562484.jpg


あの寒さも、今となっては懐かしいほどに。
[PR]

by taka_s-birds | 2011-07-04 14:57 | Comments(2)
営巣写真について+近況報告
全然更新できてません!申しわけありません。

この時期を迎え、これだけ、気になったので!

「営巣写真を、リアルタイムでネット公開するのはやめませんか?」

たとえ場所を書かなくても、分かってしまうものです。ある程度の経験があるカメラマン(?)なら、周囲の環境や、同時に観察されている種で大体の見当はつきます。また、情報の流れる速度も異常な時代で、そこへ人が集中することも多いです。それも、数百と言う単位になるところさえあるほど。

僕の身近な場所で繁殖し、観察を続けていた猛禽も、いまではあちこちで雛の写真が見られるようになりました。それ以降、僕はそこでの観察を中止しています。

営巣期である今は、野鳥が一番神経質な時期で、彼らが生きる上での最大の目的、次代を残す作業そのものです。

もし、巣を放棄してしまったら、いま語られているどんな環境問題より、明らかに目の前で個体数の減少が起こっていることになるのです。雲をつかむような温暖化の話はやめて、その辺の河原にいるヒバリの話をしませんか?

僕も、営巣写真を撮る時はあります。そんな時は、ブラインドを使う、観察を入念に行い、警戒や、こちらを嫌がっていないかの確認に最大限の注意を払うなどしています。もちろん、そのような仕草が見られた時にはすぐに撮影を中止し、大いに反省することにしています。現在のところ、放棄させた経験はありません。

しかし、いま、野鳥観察さえしていないカメラマンが増えていますね。先日近所に出たキガシラシトドを覗きに行きましたが、数十人も並んだ中で、地鳴きに反応してる人がいなくて驚きました。お陰で、集団と離れたところで一人撮影できたのですが…

もし仮に場所が分からないにしても、そのような人が、ネットの営巣写真を見て、「あ、雛可愛いなぁ。自分もやろう」と思ったら、繁殖に影響を与える可能性は非常に高いのではないでしょうか。きっと、親鳥の警戒姿勢にも気付けないでしょう。目の前で青虫くわえてるのを、喜んで撮影してるかもしれません。これは警戒のサインです。だいたい、鳥の表情が引きつってるような写真なんて、あまりかっこいいものではありません。

いま公開しているその写真が、別の場所での野鳥の繁殖に影響を与えているかもしれないのです。

巣立った雛も同様で、巣からでて数日の雛は、親から餌をもらわないと生きていけません。しかし、巣立ったからもう構わん、と無理な接近を繰り返したら、せっかくそこまで大きく育った雛も、生きていけないのです。親鳥としても、ここまで育てるのにどれほどのコストが掛っているのか、考えてみるのもいいかもしれません。


僕が野鳥を見始めたころ、「撮影場所を書かない」とか、「ほかのカメラマンの前を横切らない」、「人が観察してる鳥を飛ばすようなことはしない」といったことは、身近にいた先輩方から教えられたのですが、爆発的にカメラを持った人(と書かせていただきます)が増えた今、野鳥をただの対象としてしか見ていない人が多いと言わざるを得ません。また、ネットでも情報を集めた物でした。今では、Blogなどは増えましたが、野鳥そのものについて議論してるサイトは極わずかです。

確かに、野鳥は非常に魅力的な被写体です。だからこそ、もっと深く彼らを知って、仲良く付き合っていきませんか?

生意気に思われる方もいるかもしれませんが、僕も野鳥と真剣に向き合って、もう10年にもなりました。一度整理をと、自戒を込めて書かせていただきました。






さて!

更新する時間がないのもあるのですが、それとは別の事情で、お見せできない写真もあって、現時点では、どれがそれにあたるのか把握できてません!いずれ皆様の目に届く機会があると思いますので、もう少々お待ち下さい!情報は随時載せていきます。


ここのところ、撮影に行けてません。帰国後、「写真を撮ろう」と出かけたのは桜の時期の1回のみ。整理もまともに進んでおらず…



でも、再来週から1週間、そして、一回帰ってきて更に1週間、船に乗っての実習があります。実習ですからもちろんすべきことはあるのですが、その合間を縫って、ミズナギドリなど写せれば、と期待しています。楽しみです。そしたら、その写真も載せられるかもしれません。では。
[PR]

by taka_s-birds | 2011-05-21 23:09 | Comments(0)
旅立つのです
こんばんは!

この一ケ月間、ほとんど撮影に出る暇もなく過ぎました。
テストやらサークルの仕事やらバイトやらもあったのですが、ある準備に忙しかったのでして・・・

突然ですが、

2/28に旅立ちます。

行き先は寒いところ、北の国とだけお伝えしておきましょうか。現地でネットにつながれば更新できないこともないのですが、焦らします(笑)

3月の間中、ずーっと彷徨ったのち、4/1に帰ってきます。

この旅のために、半年ほど(財政的な面でも)準備を重ねてきました。

どんな鳥に会えるかわかりませんが、鳥がすべてではなく、旅そのものを楽しめれば、と思っています。

もちろん、カメラは持って行きますよ!2台です。

500GBのHDDも買い、万全です。

ちゃんと、4月には帰ってきますので、しばしお待ちを!

それでは出かけてきます。

c0001429_3134144.jpg

[PR]

by taka_s-birds | 2011-02-27 03:13 | Comments(0)
買いました!!
本日、学校の帰りにカメラを購入しました。ずっとEOS5Dの中古を買うつもりでいたのですが、ぎりぎりのところで色々と悩みまして、結局EOS50Dを新品購入しました。キャッシュバックキャンペーンが今日まででしたので、ぎりぎり駆け込んだ感じです。まだ家の中でいじっただけですが、まぁ、以前使ってたkissDNとは根本的に違うカメラですね。ライブビューなどの最新機能も盛り込まれてて、長く使えそうな感じです。さすがにパソコンの動作は遅くなりますが、その辺は騙し騙し使っていこうと思います。週末にでも出かけたいと思っています。2ヶ月ぶりですね。
c0001429_23433217.jpg

[PR]

by taka_s-birds | 2009-06-30 23:43 | Comments(2)