野鳥フォトグラファー 菅原貴徳の日々。オーロラの下での生活も昔のこと。まるでオーロラのように儚く行ってしまった。あの経験から、何を生み出せるでしょうか。
by taka_s-birds
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Notes
NEW!
HPはこちら
最新情報やギャラリー、過去の発表作品など。
鳥・旅・自然・暮らし。様々な写真作品の中から気に入ったものを上げています。

自己紹介はこちら
introduction page is here


Flickr
Here are my works!




[Links]

クイナ通り Soi 17
DOKODEMO野鳥
里山fieldnote
Hiyokichi UK bird life

Kazuの写真日記!!
安芸ノ野鳥探訪禄
パピリオの”鳥”ロマン/+α
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
こちらこそ、お忙しい中あ..
by taka_s-birds at 08:40
先日はJBFでありがとう..
by Hiyokichi at 21:51
雨の夜、展望台までの坂道..
by taka_s-birds at 22:47
こんにちは。マムシがいる..
by ヒヨ吉 at 16:18
>Hiyokichiさん..
by taka_s-birds at 18:20
そうなんですよ、人生は。..
by hiyokichi at 20:34
>ヒヨ吉さん ありがと..
by taka_s-birds at 20:26
いつもブログとBIRDE..
by ヒヨ吉 at 18:16
花の蜜にかなり夢中な様子..
by taka_s-birds at 22:28
メジロは喉の黄色にも若干..
by ヒヨ吉 at 17:58
検索
ライフログ
記事ランキング
カテゴリ:Field日記 2013( 13 )

暖かい日。
12/28に書いた記事と同じ日に写した写真をば。

お昼寝中のヒドリガモ
c0001429_15353130.jpg


ジョウビタキに出会うのは2年ぶり。
c0001429_15343986.jpg


シメ。相変わらず、いかつい顔です。
c0001429_15351329.jpg


モズ
c0001429_1535246.jpg


初撮り、行かねば。
[PR]

by taka_s-birds | 2014-01-04 15:38 | Field日記 2013 | Comments(0)
珍鳥にまつわる、例えば、の話
先日、久しぶりに近場の公園で撮影してきました。今年はいつになく、ホシハジロが多い様子。長年、この場所で観察してきましたが、一時は激減したこの鳥、増えて来てくれたのは嬉しいです。なかなか、好きな鳥でして。

c0001429_2125995.jpg



例えば、
その中に1羽だけいるこんな鳥。2年連続の飛来ですが、実は結構珍しい鳥です。

c0001429_2104865.jpg


ずーっと、寝てるだけ。動きもなく。2日を費やしたのに、まともに写せず。昔、高校の帰りに写した個体の方が活発でした。

さて、この鳥は記録が少ないゆえ、珍鳥であるわけなのですが、一方で、情報さえあれば誰でも見れてしまいます。だって、そこにいっつもいるんですから。

その先の森でシジュウカラを追ってたら現れたのが、この鳥。
c0001429_2155362.jpg


あまり鮮明ではありませんが、なんとセンダイムシクイ。
c0001429_2154954.jpg


こんな時期に出会うなんて。
どうやら11月中に観察されていたようですが、まさか、12月の下旬ともなろう頃に見るとは。

関東での越冬記録って、あるのでしょうか。
珍しいこと、なのでしょう。


どちらも、珍しい。珍しい、の基準なんて、人それぞれ。
でも、出来たら後者の希少さをわかる人も、増えてほしいような気がするのです。
[PR]

by taka_s-birds | 2013-12-28 02:17 | Field日記 2013 | Comments(0)
たんぼ
出し忘れていた写真がありました。

12/9に、たんぼで見た鳥達です。
数種のシギが入っているという話はあったものの、見られたのはタカブシギ・タシギ・ツルシギなどだけでしたが、数が多くいたのは楽しかったです。

タカブシギ
c0001429_17531522.jpg


c0001429_17531081.jpg


c0001429_1753319.jpg


そして、上を飛んでったツグミですが、今年はどうやら少なそうですね。
c0001429_17553786.jpg


オオタカの向こうに、ミサゴのシルエット。
c0001429_175378.jpg


暖かい日でした。
[PR]

by taka_s-birds | 2013-12-22 17:56 | Field日記 2013 | Comments(0)
トウホクノ ウツクシキモノ
この週末、東北を訪れ、いろいろなモノを見てきました。沿岸部。街。そして、たくさん美味しいモノを食べてきました。
Last weekend I visited Tohoku and saw a lot of things such as coastal regions where Tsunami hit 2 years ago and cities and ate good foods.

そして、ちゃんとトリも見てきましたよ。有名な沼へ、ガンを見に。
And of course we went to watch birds! We went to a famous lake where a number of goose sleep every night and fly away early in the morning.

朝がやってくるちょっと前、
a bit before the sun rises,
c0001429_2365670.jpg

オオハクチョウがまだ眠っていました。
Swans were still sleeping.

もう少し明るんで来た頃、徐々に目を覚ます家族が。
When the edge of the sky was colored, some families of swans begun waking up.
c0001429_237721.jpg


そして、寒い中待った後にようやく朝日が昇ってくると、
Finally, the sun rised then...

c0001429_2401142.jpg


c0001429_237148.jpg


遠くに点々と見えていたマガンが一斉に飛び立ち、こちらへ。そして、空を覆いました。すごい声量。ものすごい羽音。
goose begun flying! and filled our sights!
c0001429_2375462.jpg


「生憎」、この時間帯に辺り一帯は霧に覆われてしまったのですが、その霧が朝日に照らされ、視界すべてがほのかなピンク色に染まる中、まるで幻影のように飛んでいくガンたち。その美しさと言ったら、「生憎」なんて表現ではなく、むしろこのような状況になったことに感謝を述べたいほど。

c0001429_237388.jpg


c0001429_244554.jpg


美しい、朝でした。
It was such a beautiful morning!

ハクセキレイもお目覚め。
c0001429_2451323.jpg

gray wagtail also got up.

この日はそのまま、一日中、鳥見。
チュウヒ
Harriar
c0001429_2452836.jpg


田んぼにも、ガン。シジュウカラガンがなんと!70羽ほども見られました。
c0001429_246948.jpg


これが飛び立つのもまた、迫力のある風景です。
c0001429_2464820.jpg


クロハラアジサシの幼鳥も発見。
c0001429_2465716.jpg


このほか、コチョウゲンボウ、ベニマシコなども出て、種数以上になんとも見ごたえのある鳥見でした。

夜は南三陸町へ。おいしいモノ。
And our good dinner!
c0001429_2471097.jpg


ご案内頂いたみなさま、どうもありがとうございました。
[PR]

by taka_s-birds | 2013-11-30 02:48 | Field日記 2013 | Comments(0)
冬鳥来る
よく晴れた秋の日。吹く風は、なかなか冷たい。少しの向かい風に押し戻されながら橋を渡り切り、はぁと顔を上げると、ハトの群れを若いハヤブサが追い回しているところでした。肉眼で、内心は「落とせ!」と、その後の撮影できることを期待しながら見ていたのですが、どうやら諦めて遠くへ。再び自転車をこぎます。

遠くの田んぼに動かぬ鳥の影。もしやと思い近づくと、「ミュー」と鳴いて羽を伸ばしました。タゲリです。

若いですね。
c0001429_133612.jpg


これはちょっと大人びてます。
c0001429_1331156.jpg


日が当たった時が、その羽の色合いが一番わかりますね。
c0001429_1331521.jpg


近づくのを嫌がる鳥ですが、適度な距離を持ってこちらも動かずいたので、再び寝に入りました。

タゲリは、欧州では結構普通にいる鳥です。夏鳥として渡ってきて繁殖します。私が住んでた街までは北上しませんでしたが、帰国前にノルウェー南部のスタヴァンゲルや、夏にイギリスをバス移動したときに窓から見れたのを思い出します。そういえば、ロンドンでタゲリのピンバッジを買ったこともあったような。

それから、いつもの彼らが来てないかと池へ。どうやら今年はまだなのか、見当たりませんでしたが、徐々にカモ類もそろいつつあるようです。
c0001429_133201.jpg


c0001429_1332522.jpg




昨年の冬をノルウェーで過ごしましたから2年ぶりなのですが、やはり通いなれた場所。さすがに、環境も大きく変化した頃もありましたが、疲れた時には、ちょっとぼーっとするだけでも、気分が落ち着く場所です。新しい場所で新しい鳥を探すのもいいですけど、また、こういうところへ通いたいですね。
[PR]

by taka_s-birds | 2013-11-16 01:42 | Field日記 2013 | Comments(2)
海な日々。
こんばんは。

ここのところ、ちょっとバタバタしておりました。まとめてちょいっと、更新します。

10月12日のこと。先日のノルウェー講演会を聞きに来てくださり、そこで知り合った方からお誘いを受け、その型のフィールドを案内していただく機会に恵まれました。東京から電車でとことこ(実のところ、うとうと)、時間ほど。美しい海が広がる場所でした。この時期、ヒヨドリの渡りが見られるかも?とのことでしたが、前後の天候が台風などもあって不順だったこともあってか、思ったほど見られず。それでも、ひたすら展望の良いベンチから海を眺め、様々なお話を聞けた経験は、これからのことをワクワクさせてくれるのに十分なものでした。普段、地元では目にする機会の少ないクロサギや、ミサゴを見ることも出来ましたし、いい休暇となりました。

c0001429_19203438.jpg


c0001429_19203927.jpg


美しい海を眺め、
c0001429_19204895.jpg


ふと、キビタキも顔を出しました。
c0001429_19204419.jpg


そして、10月15日から25日までは航海。の予定が、台風が乱発する荒れ模様の天候により、17日から23日に短縮。おかげで観測の日程が詰まり、持っていったカメラはほぼ出す機会もなく。まだ観測点に着く前、写せたオオミズナギドリが唯一でした。
c0001429_1920562.jpg


目で見ることに関しては、コアホウドリやハジロミズナギドリ、イルカのジャンプ、シュモクザメなど、充分だったのですがね。そんなものです。

大しけの海、今までにも経験がないほどでしたが、それでも、晴れた日に夕陽に染まる秋空は美しいのでした。

c0001429_1921730.jpg



あ、11月2日、JBFはお客さんとして参加予定です。みなさま、お会いしましょう。
[PR]

by taka_s-birds | 2013-10-26 19:29 | Field日記 2013 | Comments(0)
河川敷の秋
そろそろかな?と思い、ふらーっと自転車に乗って河川敷へ出かけたのは、9/29のこと。
秋晴れと言うにふさわしい、抜けるような好天。

毎年の場所、まるで毎年と変わらないような姿勢で、彼らは待っていてくれました。そう、会いに出かけたのは、ノビタキ。少なくとも4羽以上はこの狭い範囲にいたはず。
この天気で休日とあって、河川敷はスポーツやレジャーを楽しむ人たち、および彼らの車でびっしり。のんびりと本を読みながら、近くに来るのを待ちます。
c0001429_138191.jpg


夕暮れの斜光がオレンジ色した体をさらに赤く染めます。
c0001429_141177.jpg


ながーい影を連れて。
c0001429_142132.jpg


僕の影と、ノビタキ。
c0001429_142874.jpg


これも日本らしい風景と言えば、そうかな、と。
c0001429_1433232.jpg


隣の野球場は、台風の影響でまだ乾かず。まるで数年前見たのと同じように、ムナグロの休息場になってました。
c0001429_1542514.jpg



変わらないのに飽きない、好きな風景です。
[PR]

by taka_s-birds | 2013-10-10 01:54 | Field日記 2013 | Comments(0)
台風一過のおこぼれ的鳥たち
さてさて。ものすごい台風でした。それが昼間のうちに去った日曜日の夕方、凝りもせず鳥を見に出かけました。成果は乏しかったものの、台風一過の空を染めた夕陽、そして、それに霞む月の美しかったこと。

c0001429_23441791.jpg


台風のお蔭で?一日、帰るのが遅れ、結果的に、火曜日の早朝からも撮影に行けることになってしまいました。
流石に、この荒天続きの間は鳥達も採餌できなかったのか、この日は早朝から鳥の動きも良く。コサメビタキ、キビタキ、エゾビタキに加え、雄のキビタキや、ツツドリが立て続けに現れました。中でもヒタキ達は、初日から狙っていた並木に現れてくれ、4日目にして初めて、予測通りに行動してくれ、いくらかの撮影のチャンスを与えてくれました。

コサメビタキ
c0001429_23575081.jpg


ミズキの木にエゾビタキ
c0001429_23575585.jpg


そのミズキに現れたツツドリ
c0001429_23575961.jpg


栗のイガイガとエゾビタキ
c0001429_2358343.jpg


キビタキの鮮やかな色彩も
c0001429_2358891.jpg

[PR]

by taka_s-birds | 2013-09-21 23:58 | Field日記 2013 | Comments(0)
週末 おやま
台風が接近する中、週末を使っておやまに撮影に来ています、1月ぶりです。
まだ数は少ない上、てっぺんに止まるばかりで撮影は難しいものの、エゾビタキやコサメビタキ、オオルリといった渡り鳥が見られてます。
エゾビタキ
c0001429_2121185.jpg

オオルリ
c0001429_21191527.jpg


留鳥と思しき鳥達も、昨月よりは活発に。楽しんでます。
c0001429_21211167.jpg


c0001429_21211998.jpg


c0001429_2121577.jpg


c0001429_21215923.jpg


c0001429_21221522.jpg


c0001429_21223684.jpg


明日、帰れるかなぁ?という感じです。

それと、9/18に野鳥の会の定例会で喋ることになってます。
興味ある方は、こちらどうぞ。
https://plus.google.com/106028710545219836128/posts/8iEo52Nbabn
この宣伝をきっかけにこのBlogを見てくださる方々が大勢いるようです。なかなか更新がなく、申し訳ありません。
当日、来られる方はあまり過去の記事を見てしまうとネタバレとなりますので、ほどほどにお楽しみくださいませ。
[PR]

by taka_s-birds | 2013-09-15 21:33 | Field日記 2013 | Comments(0)
里山のイキモノ -チョウ/鳥編-
間が空いてしまいました。少しずつですが、暑さが緩んできましたね。
この間、一度航海がありましたが、見られたのはオオミズナギドリのみ。疲れた羽をした成鳥が多かった印象です。ちょっと珍しかったのは、いつもより内湾の羽田空港沖で数が多かったことでしょうか。

さて、2週間経ってしまいましたね、里山での撮影から、まずチョウの写真です。

クジャクチョウ
c0001429_0304738.jpg


キベリタテハ
c0001429_0305415.jpg

同じくキベリタテハですが、車内に自分で入っていったので、外から魚眼で。
c0001429_0325523.jpg


美しい旅蝶、アサギマダラ。
c0001429_0335438.jpg


鳥は特に特筆するほどの成果もあまりなかったですが、唯一、思いがけずイヌワシをL/Lに追加できました。
c0001429_0345685.jpg


山間の湖で、ツバメが飛び回る。
c0001429_035890.jpg


来週、また航海です。
[PR]

by taka_s-birds | 2013-08-30 00:35 | Field日記 2013 | Comments(0)