「ほっ」と。キャンペーン

野鳥フォトグラファー 菅原貴徳の日々。オーロラの下での生活も昔のこと。まるでオーロラのように儚く行ってしまった。あの経験から、何を生み出せるでしょうか。
by taka_s-birds
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
Notes
NEW!
HPはこちら
最新情報やギャラリー、過去の発表作品など。
鳥・旅・自然・暮らし。様々な写真作品の中から気に入ったものを上げています。

自己紹介はこちら
introduction page is here


Flickr
Here are my works!




[Links]

クイナ通り Soi 17
DOKODEMO野鳥
里山fieldnote
Hiyokichi UK bird life

Kazuの写真日記!!
安芸ノ野鳥探訪禄
パピリオの”鳥”ロマン/+α
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
こちらこそ、お忙しい中あ..
by taka_s-birds at 08:40
先日はJBFでありがとう..
by Hiyokichi at 21:51
雨の夜、展望台までの坂道..
by taka_s-birds at 22:47
こんにちは。マムシがいる..
by ヒヨ吉 at 16:18
>Hiyokichiさん..
by taka_s-birds at 18:20
そうなんですよ、人生は。..
by hiyokichi at 20:34
>ヒヨ吉さん ありがと..
by taka_s-birds at 20:26
いつもブログとBIRDE..
by ヒヨ吉 at 18:16
花の蜜にかなり夢中な様子..
by taka_s-birds at 22:28
メジロは喉の黄色にも若干..
by ヒヨ吉 at 17:58
検索
ライフログ
記事ランキング
謹賀新年2017
2016年は大変お世話になり、ありがとうございました。更新が滞りがちでしたが、他方で多くの作品発表の機会を頂くことができ、ありがたく思います。年間の撮影枚数は過去最多でした。2017年、質・量ともに過去を上回れたら良いな、と思います。

そんなで、今年最初のカットを。雑木林の林床で採餌していたシメです。
c0001429_00070851.jpg
「締め」で始める1年。

どうぞお付き合いくださいませ。



[PR]

# by taka_s-birds | 2017-01-03 00:11 | Field日記 2017 | Comments(0)
師走の
慌ただしい日々が続いております。

バタバタバタバタ…
c0001429_10403547.jpg

キョロキョロキョロキョロ
c0001429_10402206.jpg

せめて夕方くらいは羽を伸ばして、
c0001429_10390890.jpg

ゆっくりと眠りにつきたいものですね。
c0001429_10424987.jpg





[PR]

# by taka_s-birds | 2016-12-28 10:43 | Field日記 2016 | Comments(0)
視線。
木の上から感じた視線にふと見上げれば、こちらを見ているのはトラフズク。羽繕いの最中で目を覚ましていたようです。こちらを見てはいますが、羽をすぼめるでもなく、それほど気にはされていない様子。
c0001429_08321146.jpg

羽繕いの後、段々と、うとうと。
最後に撮った1枚では、瞬膜が写っていました。

c0001429_08322514.jpg
そしてまた、日暮れまで、おやすみ。

<KOWA Prominar 500mm F5.6 FL + TX07 / Olympus OM-D E-M10>


[PR]

# by taka_s-birds | 2016-12-09 08:38 | Field日記 2016 | Comments(0)
身近にハクチョウのいる生活
普段、ハクチョウがいない地域に住んでいるので、日常の中にたくさんのハクチョウがいる風景は新鮮でいいですね。

c0001429_19212627.jpg

c0001429_19214355.jpg

c0001429_19220688.jpg

c0001429_19222374.jpg

ガンやハクチョウなど、大きな水禽に魅力を感じはじめている今日この頃です。





[PR]

# by taka_s-birds | 2016-11-12 19:23 | Comments(2)
沼のクロハラアジサシ
カモ類の渡来状況を見ようと訪れたとある沼。どうしたことか、沼岸の水は干上がり、草が生えていました。カモの姿は極めて少なく、どうしようかと座り込んでいると、上空を横切ったのは1羽のクロハラアジサシ。目で追うと、その先に4羽の姿を見つけました。

今年の秋は、この鳥が多かったようですね。だからといっていい条件で出会えるかどうかは運次第。この時は近くを飛んでくれる場所があるのは分かったので、光の良い時間帯に集中して撮影しました。

c0001429_22044231.jpg

おや、アジサシってもっとスマートな体型では…

c0001429_22061358.jpg

そうそう、こういうイメージです。
c0001429_22040720.jpg
ホバリングや急な旋回を織り交ぜた採餌を行います。
c0001429_22064655.jpg

そして夕方。
c0001429_22053007.jpg
塒入りか、渡りか。急に舞い上がると、群れになって南の方へ飛び去りました。
c0001429_22054381.jpg

たくさんシャッターを切れて、心地よい疲労感でした。感謝です。
よき旅を。




[PR]

# by taka_s-birds | 2016-11-02 09:57 | Field日記 2016 | Comments(0)
岬で見る、渡りの鳥たち
秋。各地の岬では、渡る鳥たちが海に向けて飛び出して行く姿を見ることができます。先日、知り合いの方が県内の岬にいらっしゃるとのことだったので、久しぶりにご一緒させていただきました。

明け方の岬。明るさが増すに連れて、期待が高まります。
c0001429_21490136.jpg

日が昇り、だんだん集結して海に飛び出して行くのはヒヨドリの群れ。普段、街中で見かけるのとは異なる姿です。勢い良く飛び出して行くのですが、そのまま置きへ飛び出して行くものも入れば、引き返してくるものも。

c0001429_21493940.jpg

その原因は、彼らを狙うハヤブサたち。この時は2羽が周囲を飛んでおり、捕えた小鳥を脚に持っているものも。

c0001429_21470447.jpg

1羽だけいたカケスも、いつ飛び出そうかと時をうかがっている様子。

c0001429_21501488.jpg

秋の岬には、色んなドラマがあります。

c0001429_21562872.jpg



[PR]

# by taka_s-birds | 2016-10-30 21:56 | Field日記 2016 | Comments(0)