野鳥フォトグラファー 菅原貴徳の日々。オーロラの下での生活も昔のこと。まるでオーロラのように儚く行ってしまった。あの経験から、何を生み出せるでしょうか。
by taka_s-birds
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Notes
NEW!
HPはこちら
最新情報やギャラリー、過去の発表作品など。
鳥・旅・自然・暮らし。様々な写真作品の中から気に入ったものを上げています。

自己紹介はこちら
introduction page is here


Flickr
Here are my works!




[Links]

クイナ通り Soi 17
DOKODEMO野鳥
里山fieldnote
Hiyokichi UK bird life

Kazuの写真日記!!
安芸ノ野鳥探訪禄
パピリオの”鳥”ロマン/+α
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
Y.O.さま 憧れ..
by taka_s-birds at 12:37
Hiyokichiさま ..
by taka_s-birds at 12:36
ツノメドリ、エトピリカに..
by Y.O. at 18:44
いい旅をされていますね。..
by Hiyokichi at 21:07
トド、すごかったです。あ..
by taka_s-birds at 04:48
鍵コメントさん。 こん..
by taka_s-birds at 14:38
お返事が遅れ大変申し訳あ..
by taka_s-birds at 11:21
素敵な仕事をされましたね..
by Hiyokichi at 00:23
こちらこそ、お忙しい中あ..
by taka_s-birds at 08:40
先日はJBFでありがとう..
by Hiyokichi at 21:51
検索
記事ランキング
出版のお知らせ「鳴き声から調べる野鳥図鑑—おぼえておきたい85種」その1
お久しぶりです。書きたいことは山のようにあるのですが、原稿執筆に全力を注いでいる菅原です。ブログが滞りすみません。

さて!この度、BIRDERでお馴染み文一総合出版より、「

鳴き声から調べる野鳥図鑑—おぼえておきたい85種

という本を出版することになりました。
c0001429_22422112.jpg




日本野鳥の会理事・鳥の鳴き声録音家として有名な松田道生さんとの共著になります。今回、この本に載っているすべての写真を担当させていただきました。発売日は4/20です。

この本の出版が決まってから約2年。ひたすら、少しでも良い写真を、しかし、自分らしい写真を載せられるように、と走ってきました。掲載種の中には、企画時点ではまだみたことのない種もいたりして、どうすればみれるか、撮れるか。全国の友人知人の助けを借り、なんとか全種を揃えることができました。ご協力いただいた皆さんに、改めて感謝申し上げます。

なお、本書には図鑑ページのすべてに、富士鷹なすびさんのイラスト付きのコラムが載っていて、非常に楽しい内容になっています。一般的な野鳥図鑑とは、かなり趣の異なるユニークな本です。

松田さん、富士鷹さんとも、中学生の頃にBIRDERを購読しはじめた頃から、憧れたお二方でした。そして、編集長は当時のBIRDERの編集長。初めての「著書」にあたるものが、そんなみなさんとお仕事をすることができたのはこの上ない喜びです。

ぜひ、お手に取ってご覧頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

[PR]

# by taka_s-birds | 2017-04-09 22:41 | Field日記 2017 | Comments(0)
講演会@新潟市
週末、新潟市にお呼ばれしまして、講演会を行って参りました。
テーマは「身近な野鳥の楽しみ方」。初心者を主な対象として、身近な野鳥観察の入り口になるようなヒントをご紹介してきました。
c0001429_15100052.jpg
みなさん、耳を傾けて聞いてくださって、喋ったこちらも楽しかったです!
ありがとうございました!
c0001429_15115411.jpg
聞くための「耳」じゃないヒトも…

[PR]

# by taka_s-birds | 2017-03-06 15:14 | Field日記 2017 | Comments(0)
港にて。
青い空が広がった穏やかな日の、港。

水面をすいすい泳ぐカンムリカイツブリは、なぜかまんまる。
c0001429_22021511.jpg

ウミスズメが、ぽこっと浮上。

c0001429_22032028.jpg


そんな鳥たちを防波堤で待っていたら、水面のしたから ぽこっ と、滑らかな物体が。
久しぶりに見る、スナメリです。
c0001429_22014894.jpg


ミツユビカモメは、日本で見たのはこれが初めて。
c0001429_22041142.jpg


冬の港、いろいろな生きものに会えるホットスポット。
漁師さんたちの邪魔にならないよう、そっと観察を楽しみましたとさ。

<Olympus E-M10 + ZUIKO DIGITAL ED 90-250mm F2.8>

[PR]

# by taka_s-birds | 2017-02-25 22:05 | Field日記 2017 | Comments(0)
ツルの里。
ぽかんと予定が空いた、1週間。ではでは、と航空券をぽちっとして、南の方へ飛んで来ました。目的はそう!ツルたちに会うこと!

I visited wintering grounds of cranes where I've wanted to visit for long long time!

ナベヅル。ここで越冬するツルのうち、ほとんどを占めるのが本種。
c0001429_09532602.jpg
第二勢力のマナヅルは、より大きく、より和風な色合い。
c0001429_09540773.jpg
混ざって一緒に飛ぶことも、多々。

c0001429_09542392.jpg

ほか、カナダヅルやクロヅルにも出会うことができました。日没後も、しばらくは撮影できてしまうのが今のカメラのすごいところ。繊細な色合いの空を背景に、飛ぶ姿を。

c0001429_09535264.jpg
<Olympus E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 IS PRO or ZUIKO DIGITAL ED 90-250mm F2.8>

[PR]

# by taka_s-birds | 2017-02-01 10:01 | Field日記 2017 | Comments(0)
都会の空でも、見上げてみれば。
今日は都心でお買いモノ。ビルの合間を抜けて歩いて行きます。交差点に出て、少し広くなった空を見上げると、なにやら素早く飛び回る鳥の影。なぜか持ち合わせていたカメラを取り出し、撮影してみます。ヒメアマツバメ!

c0001429_23353420.jpg
こんな都会の大きな交差点の上。何を求めて飛び回っているのだろうと思いましたが、撮影した写真を帰宅後に拡大してみると…

c0001429_23373681.jpg


大きく空けた口の先に、小さな虫の影が!なるほどね!

都会の空にもある、こんな姿。見逃さないようにしたいですね。

<Olympus E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 IS PRO>


[PR]

# by taka_s-birds | 2017-01-21 15:10 | Field日記 2017 | Comments(0)
明け方の干潟にて
昨晩、潮汐表を確認すると、朝のうちに干潮になることが判明。この場所は干潟にも降りられず、光の方向を選べないので、好きな光で撮影できるかどうかは潮次第。光と潮の条件が揃う日は貴重なのです。

日の出とともに海辺に出ると、空を写した水面をゆくコガモが1羽。

c0001429_17202543.jpg
ズグロカモメ。青い海を背景に、採餌のために飛び回る姿を写すのが今日の目的です。結果、思い通りに期待したコースを飛んでくれました。
c0001429_17240300.jpg

やがて光の向きも変わって来て、文字通りの潮時。陽炎も出てきましたし、帰ることに。
c0001429_17255238.jpg

そういえば、今日は朝からたくさんのヒヨドリが渡って行きました。概ね20-30羽の群れで、延べ300羽ほど。この時期に渡ることは知りませんでしたが、鳥たちは人間以上に細かく季節を感じているのかもしれませんね。
c0001429_17254039.jpg
空気は冷たいものの、日差しの中はあたたか。穏やかな日でした。

[PR]

# by taka_s-birds | 2017-01-07 17:28 | Field日記 2017 | Comments(0)