野鳥フォトグラファー 菅原貴徳の日々。オーロラの下での生活も昔のこと。まるでオーロラのように儚く行ってしまった。あの経験から、何を生み出せるでしょうか。
by taka_s-birds
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Notes
NEW!
HPはこちら
最新情報やギャラリー、過去の発表作品など。
鳥・旅・自然・暮らし。様々な写真作品の中から気に入ったものを上げています。

自己紹介はこちら
introduction page is here


Flickr
Here are my works!




[Links]

クイナ通り Soi 17
DOKODEMO野鳥
里山fieldnote
Hiyokichi UK bird life

Kazuの写真日記!!
安芸ノ野鳥探訪禄
パピリオの”鳥”ロマン/+α
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
お返事が遅れ大変申し訳あ..
by taka_s-birds at 11:21
素敵な仕事をされましたね..
by Hiyokichi at 00:23
こちらこそ、お忙しい中あ..
by taka_s-birds at 08:40
先日はJBFでありがとう..
by Hiyokichi at 21:51
雨の夜、展望台までの坂道..
by taka_s-birds at 22:47
こんにちは。マムシがいる..
by ヒヨ吉 at 16:18
>Hiyokichiさん..
by taka_s-birds at 18:20
そうなんですよ、人生は。..
by hiyokichi at 20:34
>ヒヨ吉さん ありがと..
by taka_s-birds at 20:26
いつもブログとBIRDE..
by ヒヨ吉 at 18:16
検索
ライフログ
記事ランキング
タグ:カモメ類 ( 26 ) タグの人気記事

Bodo1
やっとノルウェーまで来ました。留学先の街、Bodøです。すでにここへ着いて1か月がたってしまいました。ちゃんと、写真撮ってますよ!でも、課題が出たりいろいろ忙しかったので更新できず。
住んでいるところは、すぐ裏が山で、湖まで30分ほどの道があります。そこを歩くといろいろな鳥に会います。
なんとかムシクイ
c0001429_6544725.jpg

親子も キタヤナギムシクイかな?
c0001429_6571561.jpg

こちらはカモメの親子
c0001429_657555.jpg

c0001429_6582862.jpg

こちらコサメ?
c0001429_752548.jpg

温かい日にはトンボも見ました。そうはいっても15度くらいですが。今はもっと寒くて、気温7度ほど。見かけなくなりました。ヤンマ系ですね。
c0001429_659383.jpg


こっち来て最初のオーロラも見ました。
c0001429_73281.jpg


次回はまた海辺の写真でも載せますね。
明日また朝早くから実習があるのでこの辺で。
[PR]

by taka_s-birds | 2012-09-14 07:01 | ノルウェー暮らしの日々2012-13 | Comments(2)
Black-headed Gull in Baltic Sea
昨年の3月の欧州放浪。
スウェーデンSwedenの首都、ストックホルムStockholmから船でバルト海Baltic Seaを渡り、
c0001429_19193947.jpg

c0001429_1918449.jpg



翌朝たどり着いた街、リガRiga。バルト3国のひとつ、ラトヴィアLatviaの首都です。
c0001429_1920354.jpg


この町を流れる川がドウガヴァ川。こんな変なものまであるし笑、お世辞にもきれいな川とは言えないのですが、
c0001429_19215236.jpg


c0001429_19214372.jpg


ここで出会った1羽のユリカモメ。日本に来るのと同種のようです。

この写真、よくみると、左のユリカモメの脚に輪。「T99J」と読めます。標識調査の対象になったようです。
c0001429_002861.jpg


へぇ、ヨーロッパでもやってるんだ!と、宿に戻って調べると、ポーランドの研究者がつけたものだと分かり、早速、データを送りました。それから日本に帰国し、すばらく忘れていたのですが、先日、メールが届きました。

この鳥が確認された地点のデータを、その都度、送って来てくれるのです。それによると、

c0001429_23512424.jpg


このユリカモメは、出会う4日前まではポーランドPolandにおり、標識され、3/24の時点では、バルト海を渡ってリガにいたことが分かります。そして、9月まではデータがありませんでしたが、それ以降はドイツの島を中心に生活しているようです。

実は、正月に書いた記事の、カモメと船の写真は、この後バルト海を、エストニアEstoniaの首都、タリンTallinnからフィンランドFinlandの首都ヘルシンキHelsinkiへ船で移動した際に、着いてきたカモメを写したものです。同様に、ユリカモメも飛んでいましたから、このようにして、船について移動しているものもいるかもしれません。

いずれにせよ、バルト海を周回しながら生活しているユリカモメのT99Jに出会えたお陰で、定期的にデータが届くのは非常に興味深いことです。そのデータがポーランド語なので、いちいち読解に時間がかかることだけが大変なのですが。
[PR]

by taka_s-birds | 2012-01-14 23:32 | 欧州放浪 2011 | Comments(0)
もうすぐ終わりです
こんばんは。

旅に出てから、早いものでもう30日になります。

特に後半は国をまたいでの移動が多く、毎日が過ぎるのが早かったです。そして、そのそれぞれの土地で違う空気を感じ、その一つ一つが刺激となっています。
今、こうして残り少ない時間を過ごし、さみしい気持ち、なんとなくほっとするような気持ちの両方が有ります。明日の昼過ぎには、最後の街へ向かいます。そこから3/31に東京行きの飛行機に乗り、とりあえずは一段落、ということになります。最後まで、とにかく家に帰るまでは気を抜かずに行こうと思います。

さて、この後半というのは、いずれも首都を回る日程でした。以前の日記に書いたとおり、観光の要素が強く、鳥なんか見てる場合ではないと思っていたのですが…

ヨーロッパは、本当に鳥との距離が近い。

たとえ、それが王宮の目の前であろうが、
c0001429_681097.jpg


たとえ、その時市場を物色している最中であろうが、
c0001429_63236.jpg


たとえ、そこが世界遺産に登録されている要塞であろうが、
c0001429_623482.jpg



つまりは、自然と鳥にも目が行ってしまうのです。
というか、自然とそちらに引き寄せられてしまうのです。




お陰で、恐ろしい勢いで毎日写真が溜まって行くのでした。

家に帰ったら、まず、部屋と荷物の片付けになるのでしょうか。

写真の整理はそれからかもしれません。

でも、この1カ月で蓄えたものを、上手く活用する方法を考え続けます。

そして、それをこの旅で完結させるのではなく、日本へ帰ってからの活動に生かしたいです。

様々な方面に。

毎日、写真を撮って、撮り続けた1か月。

自分の人生で初めてのことです。

これを、生かさないで無駄にしたら、ここまで来た意味が有りません。

そう思いながら、また進んで行こうと思っています。
[PR]

by taka_s-birds | 2011-03-29 06:09 | Field日記 2011 | Comments(2)
シーズン入り
長いこと写真版のほうを休ませていただいております。

久しぶりに川へ行ってきました。このところの大雨の影響で川が増水し、グラウンドが水浸しになっていることを期待して出かけてきました。水浸しになったグラウンドは人もいないし、湿地のような環境になって、渡りのシギチなどが来る可能性があるのではないか?と考えたためです。また、川から非難している鳥もいるのではないかと思い、田んぼのほうへも足を伸ばしました。しかし、こちらで見られたのは、チュウサギやコチドリの幼鳥、セッカくらいでした。
c0001429_0521955.jpg

c0001429_052145.jpg


それからしばらく葦原のホオジロを観察し、グラウンドへ行ってみました。すると、ウミネコが120羽以上も降りていました。どこを見ても一面ウミネコです。恐らく、繁殖しない第3回夏羽の個体が多いのだと思います。幼鳥が4羽ほど、第2回夏羽が2羽、第1回夏羽が1羽見れたほか、冬羽になり始めている個体もいました。
c0001429_0533158.jpg


さて、これだけのウミネコがいるなら、なにかシギチもいるだろう、と双眼鏡で探すと、遠くにタカブシギ2羽とイソシギ、コチドリが見つかりました。タカブシギは、この川で見るのは初です。タカブシギは警戒心の強い個体が多いのですが、このタカブシギは証拠写真を撮らせてくれました。
c0001429_0541465.jpg


その後、ウミネコを夕暮れまで観察・撮影していると、上空を飛ぶチドリの声。撮影して確認すると、こちらも今シーズン初のムナグロでした。正確にはカウントできませんでしたが、12羽前後でした。まだまだ晴れた日中は暑いですが、秋の渡りが始まっていることを実感しました。
[PR]

by taka_s-birds | 2009-08-13 00:55 | Field日記 2009 | Comments(0)
復活・・・
土曜日、久しぶりの撮影のため、川原と水辺へ出かけました。2ヶ月ぶりということで、感覚が大分落ちているのではないかと心配しましたが、夕方にコアジサシを撮影しているうち、段々と戻ってきたような気がしました。また、カメラは非常に快適で、今までのkissで苦労していたような飛翔写真が、思ったよりも簡単に写って驚きました。これから通って、コアジサシのしっかりした写真を撮りたいと思っています。
オオヨシキリ
c0001429_083779.jpg

コアジサシ
c0001429_08483.jpg


今日は眠いのでこの辺で・・・
[PR]

by taka_s-birds | 2009-07-06 00:09 | Field日記 2009 | Comments(0)
こっそり、更新
5月に休止宣言して以来、ずっと変化のないこのBlogですが、久しぶりに覗いてみると、毎日数名ながら、見てくださっている人が居るようです。

更新再開というわけではないのですが、7月20日に、家族が海のほうへ行くというので、一緒に乗って行って、ついでに写してきた海での写真です。ついでといいながら、海辺に6時間程座り込んでいました。海水浴客の多い時期でしたが、アジサシ類や、メダイチドリにシロチドリ、ウミネコなんかが飛んできました。珍しいものは居ませんが、水平線の見える海というのは気持ちがいいので、傘で日陰を作り、座りながら、のんびりと撮影をしてきました。まっすぐ飛んでくれる鳥が多かったので、久しぶりの500mmでも何とか写ってくれました。まとめて一気に掲載します。
コアジサシ
c0001429_2241258.jpg

ウミネコ
c0001429_21592519.jpg

c0001429_2201121.jpg

c0001429_220344.jpg
c0001429_2214974.jpg

夕方になると、続々と、上空をウミネコの群が、北から南へ飛んでいきました。渡りでしょうか。
c0001429_2223821.jpg

メダイチドリ
c0001429_21594644.jpg

シロチドリ
c0001429_2231736.jpg

アオスジアゲハ
c0001429_2234898.jpg

[PR]

by taka_s-birds | 2008-08-02 22:04 | Field日記 2008
旅鳥を求めて
夕刻、川沿いに自転車を走らせていると、今まで気づかなかった意外な場所に、広大な干潟が広がっているのに気づきました。ちょうど夕日が写りこんだいい雰囲気でした。遠くにコチドリが見えたので、近くに来てくれればなぁ、と思いながら、日が沈むまでのんびりしていました。また、季節としては春の渡りの時期、渡り途中のシギチが来る可能性も高いと思ったので、少し期待も有りました。暫くして、遠くのほうから聞き覚えのある声がしたので、ファインダーで確認するとコアジサシでした。結局、この日はコチドリ以外のシギチは確認できませんでしたが、10羽以上のコチドリが居て、人が入ってくるような場所ではないので、シギチは好む環境と思います。長い時間を掛けて観察すれば、何かしら来てくれそうです。帰り道、ギョギョギョ、と、オオヨシキリの声を聞くことが出来ました。
コチドリ
c0001429_1402742.jpg

コアジサシ
c0001429_1403866.jpg




に登録しています。Clickで一票、よろしくお願いいたします。

[PR]

by taka_s-birds | 2008-04-30 13:49 | Field日記 2008 | Comments(0)
春の日差
今日は久し振りに鳥見に出かけました。出発時は多少風があったものの、日差しが暖かく感じられました。川沿いの木の周辺でうろうろしましたが、ここではカワラヒワと、飛んできたセグロカモメしか撮影できませんでした。それから林へ移動しましたが、キクイタダキやツミ、シメが見られたものの、いずれも写真にはならない感じでした。夕方には小雨も降ってきて一気に気温が下がり、冷たい空気になっていました
カワラヒワ
c0001429_21223518.jpg

セグロカモメ
c0001429_21225473.jpg

キジバト
c0001429_2123438.jpg

シメ
c0001429_21231375.jpg




に登録しています。Clickで一票、よろしくお願いいたします。

[PR]

by taka_s-birds | 2008-03-07 21:27 | Field日記 2008 | Comments(0)
カモメが集まる理由
随分前に撮影した気がする写真ですが、出さないで仕舞っておくのはもったいないですし、結構気に入っているものなので、沢山載せたいと思います。

撮影は1月22日の、ノスリやタゲリを撮影した日です。夕方、ヨシガモでも撮って帰ろうか、と思いながらとぼとぼ歩いていたところ、先のほうにユリカモメが群がっているのが見えました。どうせ誰かがパンでも撒いているのだろう、と思っていると、セグロカモメも混じっているし、どうも様子が違います。ちょうどジョウビタキの雄も居たので、近づいてみたのですが何もなく、不思議に思いました。それなのに、アオサギも集まってくるし、カモメも段々増えているので、謎は深まる一方でした。ところが、それから2分後くらいすると水門が開いて、水が大量に川へ流れ込んできました。そして、ユリカモメらはホバリング・ダイビングしながら、勢い良く流されてきてボーっとしている魚を捕らえ始めました。中には喧嘩しているものもいました。ちょうど逆光で水面は茜色ですし、これ以上の状況はない、と思い、水門が閉まるまでの約30分間、夢中で撮影しました。やっぱり、飛んでいる鳥を、好きなだけ撮れる時が一番ストレス解消になります。ユリカモメ撮影中、一番邪魔なのは、ユリカモメでした。数が半端ではないので、交わすのに苦労しました。
セグロカモメ
c0001429_22201733.jpg

c0001429_2221394.jpg
c0001429_22212789.jpg

c0001429_2221524.jpg
c0001429_2222533.jpg

ユリカモメ
c0001429_2223156.jpg
c0001429_22233341.jpg
c0001429_2224510.jpg
c0001429_22241870.jpg
c0001429_222431100.jpg
c0001429_22244382.jpg

アオサギ
c0001429_22265121.jpg




に登録しています。Clickで一票、よろしくお願いいたします。

[PR]

by taka_s-birds | 2008-02-09 22:27 | Field日記 2008 | Comments(6)
白い砂浜
この海では、磯と磯の間にところどころ綺麗な砂浜がありました。なにかシギチが降りてくれればいいなぁ、と思っていたのですが、遠くを群で飛ぶキョウジョシギを見ただけでした。ところが、夕方になって、それまで沖の岩でウミネコに混じって休んでいたシロカモメが突然、砂浜に現れたので、しっかりと撮影することが出来ました。近くで見るシロカモメは、想像していたものよりも全然綺麗なトーンをした鳥でした。この後、帰り際にも別の岩場でシロカモメの幼鳥と思われる鳥を見つけたので、一緒に載せます。
キョウジョシギ
c0001429_23553584.jpg

シロカモメ
c0001429_2356877.jpg
c0001429_23562715.jpg

c0001429_2145380.jpg




に登録しています。Clickで一票、よろしくお願いいたします。

[PR]

by taka_s-birds | 2008-01-11 23:56 | Field日記 2008 | Comments(0)