野鳥フォトグラファー 菅原貴徳の日々。オーロラの下での生活も昔のこと。まるでオーロラのように儚く行ってしまった。あの経験から、何を生み出せるでしょうか。
by taka_s-birds
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Notes
NEW!
HPはこちら
最新情報やギャラリー、過去の発表作品など。
鳥・旅・自然・暮らし。様々な写真作品の中から気に入ったものを上げています。

自己紹介はこちら
introduction page is here


Flickr
Here are my works!




[Links]

クイナ通り Soi 17
DOKODEMO野鳥
里山fieldnote
Hiyokichi UK bird life

Kazuの写真日記!!
安芸ノ野鳥探訪禄
パピリオの”鳥”ロマン/+α
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
素敵な仕事をされましたね..
by Hiyokichi at 00:23
こちらこそ、お忙しい中あ..
by taka_s-birds at 08:40
先日はJBFでありがとう..
by Hiyokichi at 21:51
雨の夜、展望台までの坂道..
by taka_s-birds at 22:47
こんにちは。マムシがいる..
by ヒヨ吉 at 16:18
>Hiyokichiさん..
by taka_s-birds at 18:20
そうなんですよ、人生は。..
by hiyokichi at 20:34
>ヒヨ吉さん ありがと..
by taka_s-birds at 20:26
いつもブログとBIRDE..
by ヒヨ吉 at 18:16
花の蜜にかなり夢中な様子..
by taka_s-birds at 22:28
検索
ライフログ
記事ランキング
タグ:カラス類 ( 4 ) タグの人気記事

夏鳥を求めて・・・森編
昨日の続きになります。数週間前にスミレを撮影していた森へ着くと、木々が生い茂り、うっそうとした雰囲気でした。でも、木一本一本を見ると、新緑でいい雰囲気です。これは期待できるかも、と思って、長い時間を掛けて探すことにしました。まず聞こえてきたのは、ヤブサメの声。渡りの時期に確認したのは初めてなので、嬉しい声でした。早速待ってみることにしましたが、近くから頻繁に囀る声が聞こえてくるのに、結局は一瞬影を見ただけで終わってしまいました。このヤブサメを待っている最中、コゲラが良く止まる木があったので、葉陰をそっと覗いてみると、巣を掘っている最中でした。非常に分かりづらい場所でした。ペアの相手と巣穴掘りを交代した後に良く止まる場所を見つけたので、そこで待ってみると、なかなかいい雰囲気のところへ出てきてくれました。新緑を入れて写すことができました。結局、青や黄色の鳥の気配はありませんでしたが、コゲラのお陰で少しは救われた感じでした。そして、これから干潟での撮影に続きます。
ハシブトガラス
c0001429_13473162.jpg

コゲラ
c0001429_13481689.jpg

c0001429_13474647.jpg
c0001429_134812.jpg
c0001429_1348848.jpg




に登録しています。Clickで一票、よろしくお願いいたします。

[PR]

by taka_s-birds | 2008-04-29 15:42 | Field日記 2008 | Comments(0)
予想外・・・!?
今日はゆっくり起きて、自転車でオジロビタキを見てきました。最近は人ごみの多い場所にはあまり行ってなかったのですが、近所、前から見たかった、これからもっと人が増えそう、何よりも、餌付けがされていない天然モノ!というので、見に行くことにしました。道に迷いながら現地に着くと、すでに出てきていました。でも、同じところにばかり止まるので、不自然だなぁと思いつつ、そばに居た知り合いに聞いてみると、「今日は餌撒いたらしいよ」とのこと。でも、餌付け初日で、ここミールワームを偏食するようになるとは・・・驚きでした。それでは、と一人で、餌を撒いてないけど、鳥の来そうなところで待って見ました。そして予想通り、最後にはしっかりと来て止まってくれたので、満足して帰れました。ビンズイが6羽、喧嘩してたキジバト、キクイタダキや、噴水?で水浴びするハシブトなどが居たので、時間を潰せました。
ビンズイ
c0001429_19164735.jpg

オジロビタキ
c0001429_19182671.jpg

キジバト
c0001429_19194190.jpg

ハシブトガラス
c0001429_19185340.jpg


餌付けに関しては色々な見解があるでしょうが、天然で撮れると思っていた分、ちょうどこのような日に当たったのは運が悪かったのかもしれません。でも、このようなタイプの珍鳥はいつかは必ず餌付けになるので、ある程度、納得できます。今回に関しては、楽しかったのでそれほど気にはしていません。しかし、それよりも気になったのが、カメラの前を平気で横切る人、既に座って鳥を待っている人が居るのに、鳥が移動したら釣られて自分も移動する人、そして、皆が鳥への距離を保っているのに、それを平気で超えていく人でした。



に登録しています。Clickで一票、よろしくお願いいたします。

[PR]

by taka_s-birds | 2007-12-19 19:21 | Field日記 2007 | Comments(6)
この時期ならば・・・2
今日もオナガです。これらは全て、30日に撮影したものです。渡りの夏鳥も見つからず、ただカメラを担いだままうろうろしていました。すると25日とは違う場所でオナガが鳴いていたので、また親子ならいいな、と思って近づいてみました。すると予想通りに親子で、葉が茂った木の中へ入っていたので、先に近づいておいて、表へ現れるのを待ちました。最初に表へ出たのは若鳥で、1羽が羽づくろいをしていると、もう1羽が近くへ止まりました。2羽はじゃれるように消え、しばらくして、ここに止まってくれれば、と思った場所へ成鳥が止まってくれました。期待通りです。段々と群れ全体が移動して開けたところに出て近づけなくなりましたが、最後に若鳥が目の前の地面へ降りてきました。直ぐ逃げるかな、と思ったのですがそっとファインダーで見ると、何かを振り回していました。シャッターが1/6というほど暗い上、頭を振っているので撮りにくかったですが、1コマだけ動きが止まっていました。後で写真を見ると、お腹辺りの地面にカマキリがいます。カマキリも威嚇しながら抵抗していましたが、最後には捕食された様子でした。
オナガ
c0001429_21215618.jpg
c0001429_21221253.jpg
c0001429_21222712.jpg




に登録しています。Clickで一票、よろしくお願いいたします。

[PR]

by taka_s-birds | 2007-09-06 21:33 | Field日記 2007 | Comments(4)
この時期ならば・・・1
今日は25日撮影のオナガです。ムシクイを探しているとき、遠くの森の淵で地面に降りているように見えたので、行ってみました。数はいても警戒心は強い鳥で、撮影しにくい鳥の一つです。このときも逃げられるかな、と思いましたが、親子の群れだったので、普段以上に近づいても経過心の弱い子供はあまり逃げず、たまに群れのほとんどが逃げても子供1羽が残っていたので、他の子供も安心して戻ってきました。しばらくして、親も戻ってきました。木の実を食べるのに夢中でした。オナガは親子でいるこの時期が撮りやすいようです。頭がごま塩なのが子供です。
オナガ
c0001429_042429.jpg
c0001429_0423252.jpg

c0001429_0491689.jpg

c0001429_0424760.jpg




に登録しています。Clickで一票、よろしくお願いいたします。

[PR]

by taka_s-birds | 2007-09-05 23:40 | Field日記 2007 | Comments(0)