野鳥フォトグラファー 菅原貴徳の日々。オーロラの下での生活も昔のこと。まるでオーロラのように儚く行ってしまった。あの経験から、何を生み出せるでしょうか。
by taka_s-birds
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Notes
NEW!
HPはこちら
最新情報やギャラリー、過去の発表作品など。
鳥・旅・自然・暮らし。様々な写真作品の中から気に入ったものを上げています。

自己紹介はこちら
introduction page is here


Flickr
Here are my works!




[Links]

クイナ通り Soi 17
DOKODEMO野鳥
里山fieldnote
Hiyokichi UK bird life

Kazuの写真日記!!
安芸ノ野鳥探訪禄
パピリオの”鳥”ロマン/+α
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
Y.O.さま 憧れ..
by taka_s-birds at 12:37
Hiyokichiさま ..
by taka_s-birds at 12:36
ツノメドリ、エトピリカに..
by Y.O. at 18:44
いい旅をされていますね。..
by Hiyokichi at 21:07
トド、すごかったです。あ..
by taka_s-birds at 04:48
鍵コメントさん。 こん..
by taka_s-birds at 14:38
お返事が遅れ大変申し訳あ..
by taka_s-birds at 11:21
素敵な仕事をされましたね..
by Hiyokichi at 00:23
こちらこそ、お忙しい中あ..
by taka_s-birds at 08:40
先日はJBFでありがとう..
by Hiyokichi at 21:51
検索
記事ランキング
タグ:サギ類 ( 11 ) タグの人気記事

春ですね。
気付いたら1か月以上、写真を撮りに出かけてませんでした。今日はとても暖かい日でした。午後から久しぶりの撮影に出かけてきました。

まず川を覗いてみるとコサギとダイサギが採餌中で、ときどき通る人影に反応して飛びまわりながらも、何回も同じ場所に戻ってきていました。地形上、ローアングルから撮影出来ないのは残念でしたが、しばらく写してました。途中、ダイサギ同士が派手に喧嘩する場面もありましたが、背景がどうにもならず・・・
それから池に移動し、カモ類を見渡してみるも、数がかなり減ってました。特にオナガガモは顕著で、数羽しか見かけませんでした。逆にハシビロガモは何故か倍増していましたが、どの種類も動きが鈍かったので、ハシビロガモ雄の羽ばたきを写したところで、早めに帰路に着きました。
コサギ Egretta garzetta
c0001429_21422798.jpg

ダイサギ Ardea alba
c0001429_2144769.jpg
c0001429_2144162.jpg

ハシビロガモ Anas clypeata
c0001429_214535.jpg


ダイサギとコサギって、違う属なんですね。初めて知りました。

今日の収穫としては、キヅタの実をついばむヒヨドリの姿を見れたこと。もう熟してるんですね。県内ですでにあれが飛来したという話もあるので、これからの時期に向け、大きな一歩です。
[PR]

by taka_s-birds | 2010-02-25 21:47 | Field日記 2010 | Comments(2)
沼へ
昨日金曜日のことです。寝ていたらHOIさんから電話をいただき、割と近場の雑木林・沼へと連れて行って頂けることになりました。先に雑木林を回ると、あちこちにルリビタキがいました。同時に3羽見れた時もあるほどで、常に鳴き声が途切れない感じでした。その中で、青い雄は2羽でした。ほかにめぼしい鳥は、個人的に今期初のカシラダカを見たくらいでしたが、ルリビタキを沢山写せただけでも良かったです。まぁ、個体数・撮影枚数の割にいい写真はないのですが。それから沼へと移動し、日が暮れるまで歩きながら鳥を探しました。遠くに2羽のミサゴ、ミコアイサ、カンムリカイツブリなどが見えました。期待したチュウヒは、1羽が飛んでいましたが、タイミングが悪く、撮影はできませんでした。ただ、日が暮れるころになって沼の中心部を飛ぶ白い鳥を発見、確認すると、ヌマアジサシsp.でした。恐らくクロハラアジサシと思いますが、識別するには遠すぎました。それでも、アジサシ類が出るとは予想外の出会いで、驚きました。
ルリビタキ Tarsiger cyanurus
c0001429_114959.jpg
c0001429_1149141.jpg

アオサギ Ardea cinerea
c0001429_11492677.jpg

[PR]

by taka_s-birds | 2010-01-16 23:37 | Field日記 2010 | Comments(0)
鳥、撮れず・・・
今日は風が強かったので河原はやめ、久しぶりの林へ行ってきました。その途中、小さな川をギンヤンマが飛びまわっていたので、カメラを出し、撮影がてら川の周辺を観察することにしました。流れに逆らってボラが泳いでいくのですが、よく見ているとたまに違う種類の魚も登って行くのに気付きました。最初の1尾は撮り逃がしましたが、数尾目でようやく撮影に成功しました。どうやらオイカワのようです。驚いたことに、このオイカワはボラの群れに交じって一緒に遡上して行きました。黒っぽい体色をしたボラの中では、明るい色をしたオイカワは目立ちます。分類上も全く異なる2種が一緒に行動していたこと、魚も混群と呼べるようなものを作ることが興味深く感じられました。
ボラ
c0001429_043422.jpg

ボラに混じるオイカワ
c0001429_045630.jpg

オイカワ
c0001429_051161.jpg



さて、林に着いてしばらく渡り鳥を探してみましたが、全く気配がありませんでした。なので、夕日が見える高台に移動し、その写真を撮ることにしました。残念ながら、夕日自体は今一つだったのですが、空は赤く染まっていたので、そこを通過していくサギなどを撮影出来ました。強風の影響で、面白い形をした雲も多く出ていました。
サギ(アオサギと思われる)
c0001429_07195.jpg


暗くなってからはストロボを用意し、最近流行りの?コウモリ撮影に挑戦。空間を横切るコウモリ相手に500mmで勝負しましたが、そんな簡単には行きませんでした。まぁ、そのうちに真剣にやりましょう。

魚類で記事を書くなんて思いもしませんでした。これから増える可能性もありますが・・・
[PR]

by taka_s-birds | 2009-10-12 00:09 | Field日記 2009 | Comments(0)
赤い鳥
水曜日は朝から田んぼへ行きました。もちろん、シギチが目的です。昨年に引き続き、沢山のムナグロが見れたほか、ここでは初となる、オグロシギとタカブシギなどを見ることが出来ました。また、夏鳥のチュウサギやアマサギも見ることが出来ました。オグロシギは警戒心が非常に弱かったので、じっくりと撮影できました。ところが、昼前にカメラが故障してしまい、動かなくなってしまいました。よりによってGW前とは・・・。
オグロシギ
c0001429_0274799.jpg

ムナグロ
c0001429_0275996.jpg

ダイサギ(亜種チュウダイサギ) kissDN遺作・・・
c0001429_02878.jpg

[PR]

by taka_s-birds | 2009-05-01 00:29 | Field日記 2009 | Comments(0)
季節の蝶
今日の昼間は雑木林へ。もしかしたら夏鳥が来ているかも、と探しましたが、声すら聞けませんでした。まぁ、時間が遅かったので仕方ないですね。次回の課題にします。そんな雑木林では、モンシロチョウとスジグロシロチョウが飛び回っていました。それらを撮影しているとたまに小さいのが飛んでいたので、双眼鏡で飛行中のその蝶を追うと・・・やっぱり!ツマキチョウでした。なかなか止まってくれない蝶ですが、1回だけムラサキケマンに静止してくれ、証拠写真を残せました。その後は、昨日と同じ干潟で夕日を見ていました。昨日のアオサギはいませんでしたが、代わりにダイサギがうろうろしていました。
ツマキチョウ
c0001429_0282618.jpg

ヒドリガモ
c0001429_0283554.jpg

ダイサギ
c0001429_0284212.jpg

[PR]

by taka_s-birds | 2009-04-20 00:33 | Field日記 2009 | Comments(0)
更新再開へ向けて
長いことお休みしておりましたこのBlogですが、何とか再開の目処が立ちました。本格的な再開は6日以降となる予定ですが、2回ほど撮影に出かけました。HPも含め、色々と直さないといけない箇所があり、また1から出直しな感じですが、またこれからもよろしくお願いします。こちらのBlogも、FC2へ移転する予定で準備を進めていましたが、こちらにある膨大な記事をそのまま置いていくのもなんだかなぁ、という気になってきたので、とりあえずこちらで再開したいと思います。予定としましては、こちらでは日記風な記事を掲載し、写真はfc2の方で扱っていこうと思っています。

fc2のアドレスはこちら http://takafield.blog114.fc2.com/

c0001429_16511378.jpg

[PR]

by taka_s-birds | 2009-03-03 16:51 | そのほか | Comments(2)
新緑の田んぼ
今日は、数日前に20羽ほどのムナグロが入っていたとの連絡を頂いたので、午後から遠くも近くもない距離の田んぼへ。それ程苦労することもなく、群を見つけることが出来ましたが、数えてみると46羽!、聞いていた以上です。そのうちの一部が小さい田んぼのほうにもいたので、大きな群の撮影は後にして、そちらを撮影するために、この暑い中、田んぼ横のスペースにビニールシートを広げ、フードを被って頭のシルエットが見えないようにして待ちました。程なくして夏羽の個体が近づいてきてくれました。それに釣られて換羽中の個体や冬羽の個体などが入れ替わり来てくれたので、楽しめました。夕方、一時的にこの場所を離れて戻ってくると、畦をタシギと思われるジシギが歩いていました。そして、ムナグロの群を見ると、63羽に増えていました。その前には見られなかったキアシシギも居たので、別の群が合流したのでしょう。夕方の光の中、少し遠目のムナグロを撮影しました。非常に面白い一日でした。
ムナグロ
c0001429_23293539.jpg

c0001429_2330362.jpg
c0001429_23305055.jpg

ジシギ
c0001429_23302285.jpg

コサギ
c0001429_23314632.jpg

キアシシギ
c0001429_2332411.jpg




に登録しています。Clickで一票、よろしくお願いいたします。

[PR]

by taka_s-birds | 2008-05-06 23:32 | Field日記 2008
カモメが集まる理由
随分前に撮影した気がする写真ですが、出さないで仕舞っておくのはもったいないですし、結構気に入っているものなので、沢山載せたいと思います。

撮影は1月22日の、ノスリやタゲリを撮影した日です。夕方、ヨシガモでも撮って帰ろうか、と思いながらとぼとぼ歩いていたところ、先のほうにユリカモメが群がっているのが見えました。どうせ誰かがパンでも撒いているのだろう、と思っていると、セグロカモメも混じっているし、どうも様子が違います。ちょうどジョウビタキの雄も居たので、近づいてみたのですが何もなく、不思議に思いました。それなのに、アオサギも集まってくるし、カモメも段々増えているので、謎は深まる一方でした。ところが、それから2分後くらいすると水門が開いて、水が大量に川へ流れ込んできました。そして、ユリカモメらはホバリング・ダイビングしながら、勢い良く流されてきてボーっとしている魚を捕らえ始めました。中には喧嘩しているものもいました。ちょうど逆光で水面は茜色ですし、これ以上の状況はない、と思い、水門が閉まるまでの約30分間、夢中で撮影しました。やっぱり、飛んでいる鳥を、好きなだけ撮れる時が一番ストレス解消になります。ユリカモメ撮影中、一番邪魔なのは、ユリカモメでした。数が半端ではないので、交わすのに苦労しました。
セグロカモメ
c0001429_22201733.jpg

c0001429_2221394.jpg
c0001429_22212789.jpg

c0001429_2221524.jpg
c0001429_2222533.jpg

ユリカモメ
c0001429_2223156.jpg
c0001429_22233341.jpg
c0001429_2224510.jpg
c0001429_22241870.jpg
c0001429_222431100.jpg
c0001429_22244382.jpg

アオサギ
c0001429_22265121.jpg




に登録しています。Clickで一票、よろしくお願いいたします。

[PR]

by taka_s-birds | 2008-02-09 22:27 | Field日記 2008 | Comments(6)
岩場の鳥
海岸で探鳥をしていると、イソヒヨドリは沢山居ることに気づきます。地元ではなかなか見れないので初めは嬉しいのですが、つい、段々と後回しになり、結局まともな写真はあまりありませんでした。特に雄はこの1コマだけです。もっと撮らなくてはいけませんでした。沖の島には午前中に見たのと同じと思われるクロサギがいて、夕暮れまで待つも、結局近くで撮影することは叶いませんでした。なので、雰囲気だけでも・・・。
イソヒヨドリ
c0001429_2316645.jpg

クロサギ
c0001429_23191983.jpg




に登録しています。Clickで一票、よろしくお願いいたします。

[PR]

by taka_s-birds | 2008-01-10 23:19 | Field日記 2008 | Comments(4)
海、続編
岩に止まっているイソヒヨドリを撮影した後、朝食を別の場所で取ろうという事で、少し離れた砂浜へ移動しました。そこではミミカイツブリが3羽、遠くにウミウが居て、その遥か彼方、この日のためにHOIさんにお借りしたスコープの最大倍率でさえようやく黄色が一瞬確認できるようなところに、初見のクロガモが数羽見えました。なかなか近くへ来てくれる気配がないので磯へ移動すると、ウミネコなどに混じってまたも初見のシロカモメが1羽、岩場で休むシノリガモの若が見えたので撮影していると、更にまた初見のクロサギも、突然目の前を通過していきました。まだ朝でしたが、かなり出足好調でした。シノリガモだけ、別の記事にしました。
シロカモメ他
c0001429_024291.jpg

クロサギ
c0001429_0253245.jpg

シノリガモはこちら



に登録しています。Clickで一票、よろしくお願いいたします。

[PR]

by taka_s-birds | 2008-01-07 23:18 | Field日記 2008 | Comments(0)