野鳥フォトグラファー 菅原貴徳の日々。オーロラの下での生活も昔のこと。まるでオーロラのように儚く行ってしまった。あの経験から、何を生み出せるでしょうか。
by taka_s-birds
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Notes
NEW!
HPはこちら
最新情報やギャラリー、過去の発表作品など。
鳥・旅・自然・暮らし。様々な写真作品の中から気に入ったものを上げています。

自己紹介はこちら
introduction page is here


Flickr
Here are my works!




[Links]

クイナ通り Soi 17
DOKODEMO野鳥
里山fieldnote
Hiyokichi UK bird life

Kazuの写真日記!!
安芸ノ野鳥探訪禄
パピリオの”鳥”ロマン/+α
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
素敵な仕事をされましたね..
by Hiyokichi at 00:23
こちらこそ、お忙しい中あ..
by taka_s-birds at 08:40
先日はJBFでありがとう..
by Hiyokichi at 21:51
雨の夜、展望台までの坂道..
by taka_s-birds at 22:47
こんにちは。マムシがいる..
by ヒヨ吉 at 16:18
>Hiyokichiさん..
by taka_s-birds at 18:20
そうなんですよ、人生は。..
by hiyokichi at 20:34
>ヒヨ吉さん ありがと..
by taka_s-birds at 20:26
いつもブログとBIRDE..
by ヒヨ吉 at 18:16
花の蜜にかなり夢中な様子..
by taka_s-birds at 22:28
検索
ライフログ
記事ランキング
タグ:シジミチョウ類 ( 6 ) タグの人気記事

航海 -北海道編-
間が開いてしまいました。

日本海での航海を経て、船は北海道、函館へ。
ここでは大沼に行くことが出来ましたが、滞在できた時間は極わずか。
鳥を探しても待つ時間がない、とのことで、沼周辺で昆虫を探しました。
沼周辺の草には、沢山のモノサシトンボ。爽やかな色で飛び回っていました。
モノサシトンボ
c0001429_1345739.jpg

c0001429_13451591.jpg

それと、湖畔の樹上で飛んでいたアカシジミ。初めて見る蝶でした。葉っぱの上で見えないところに止まったのですが、そーっと、枝ごと引っ張って、なんとか撮影できる高さまで降りてもらいました。
アカシジミ
c0001429_134511100.jpg


綺麗なところでのんびりしたかったのですが、許されたのは30分ほどの自由時間だけ。後ろ髪をひかれつつも、次の見学地へ向かうのでした。函館滞在は4日間でしたが、自然の中をふらふら出来たのはこの時だけでした。
[PR]

by taka_s-birds | 2011-09-19 13:50 | Field日記 2011 | Comments(0)
秋晴れの日に
この週末は、天気が良かった日曜日と月曜日に撮影に出かけてきました。

土曜日は雨が上がった午後から河川敷へとノビタキ探しに。例年だったらそこらじゅうにノビタキが飛び回っている時期です。毎年のお気に入りのポイントまで行き、待ってみることに。ところが、たまに舞い上がるのはセッカの幼鳥だけ、範囲を広げて探してみるも、結局1羽も見ることが出来ず・・・2週間前に少し離れた場所で1羽を確認したので簡単に見つかると思っていたのですが、どうしたのでしょうか。これでは、と早めに上がろうかと思ったのですが、雲が綺麗で夕焼けが期待できそうだったので、座ってのんびりと待つことに。ふと振り返ると、バッタを探しているのか、チョウゲンボウが二足歩行でこちらへ近づいてきました。なんともかわいい^^ということで、三脚からレンズを外し、地面に寝そべって写してきました。
チョウゲンボウ
c0001429_1323479.jpg
c0001429_1324848.jpg
c0001429_13338.jpg


翌月曜日は、また別の場所へ。最初に秋の七草、フジバカマの自生地を訪れました。ちょうど満開な上、例年よりも多く出ていたように感じました。この花は蝶にとても人気が有る花で、この時も沢山の蝶が見えたので、光が少し強いながらも撮影してみることに。密かに期待していたアサギマダラは飛来しませんでしたが、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ウラナミシジミ、ツバメシジミ、アオスジアゲハ、キタテハ、ヒメアカタテハなど、多くの種をまとめてみることが出来ました。それから雑木林へ行ってみると、樹冠からアカゲラの声が!渡りの途中か、それとも越冬のためにやってきたのかは不明ですが、雄の成鳥を見ることが出来ました。ほかに少ないながらもキビタキやコサメビタキを見ることが出来、順調な様子を感じることが出来ました。
フジバカマ
c0001429_1334494.jpg

ウラナミシジミ
c0001429_1474370.jpg


More
[PR]

by taka_s-birds | 2010-10-14 01:48 | Field日記 2010 | Comments(0)
北陸地方へ
9月の26日の夜から、10月1日の朝にかけ、北陸へ旅行してきました。観光半分、鳥見半分の旅行でした。向こうに滞在した4日間のうち、2日間は野鳥の撮影もしました。

まず、旅行の2日目には、少し低めの山を歩きました。コサメ、エゾビタキはもちろんのこと、サメビタキも見ることが出来ました。ほかに、エゴノキには沢山のヤマガラが来ていたり、突然ハチクマが飛びだしたり、上空にはアマツバメが飛んだりと、思いのほか楽しめました。野鳥以外にも、タイワンツバメシジミ、ゴイシシジミなどを見ることが出来ました。
コサメビタキ
c0001429_1461538.jpg

サメビタキ
c0001429_1454932.jpg

エゾビタキ
c0001429_1463965.jpg

ヤマガラ
c0001429_1465951.jpg


ゴイシシジミ
c0001429_1484329.jpg

[PR]

by taka_s-birds | 2009-10-03 14:09 | Field日記 2009 | Comments(0)
高い所にだけ・・・
今日は10時ごろに出掛けました。林へ入ると、木の高いところにキビタキの雄、2羽のサンコウチョウが見えましたが、シャッターはほとんど切りませんでした。とりあえず移動するも、先週は目の前まで来たコサメビタキも見当たらず、小雨が降ってきたのでカメラを仕舞いました。最後に、と思っていった場所では人が多かったのですが、雨のお陰で人が少なくなってきたので、待ってみることにしました。よっぽど腹が減っていたのか、頻繁にツツドリが来た時間帯もあったのですが、カラスに追われたり、人に驚いたりで撮影は出来ませんでした。いよいよ雨も本格的になってきたので帰る準備をしようとすると、偶然にも静止するウラナミシジミが目に入り、見るのが久し振りだったので、つい雨の中でも撮影してしまいました。
ヒガンバナ
c0001429_22111843.jpg

ウラナミシジミ
c0001429_22113194.jpg




に登録しています。Clickで一票、よろしくお願いいたします。

[PR]

by taka_s-birds | 2007-09-23 22:19 | Field日記 2007 | Comments(2)
まとわりつく蝶
今日はいずれも50mmで撮影した蝶です。まず初めは、ウラギンシジミの雄です。羽根の外側は一様な銀色で、1円玉のような輝きがあります。開いて内側が見えると黒っぽく、雄なら写真のような赤、雌なら白い模様があります。桜の木の周りを飛んでいるのを見ることが多いように感じます。なかなか草の上や花には止まってくれないのですが、人間の体から出る汗に含まれる成分を目当てに、体にまとわり付いてきます。無理やり飛ばしても、すぐにまた戻ってきます。指などに止まると目の前で観察できますが、しっかりと指をなめる様子が分かり、感触も伝わってきます。次の1枚は、河原で多く見かけるベニシジミです。1枚しかないので、ついでに公開することにしました。傷が付いてなく、綺麗な個体が多かったので撮影しました。数はどこでも沢山いますが、ここのは綺麗に感じました。また、止まっているタデ科の植物(イヌタデ?)も、ピンク、白、中間を沢山見かけます。
ウラギンシジミ
c0001429_0503184.jpg

c0001429_114758.jpg
c0001429_12533.jpg

ベニシジミ
c0001429_122780.jpg




に登録しています。Clickで一票、よろしくお願いいたします。

[PR]

by taka_s-birds | 2007-09-08 23:49 | Field日記 2007 | Comments(2)
とりあえず、初認
今日は朝から出掛けました。まずは林から回ると、シジュウカラの群れの中に1羽のセンダイムシクイを発見しました。数日前に見たのはムシクイというのは分かったものの、瞬間で種類までは同定できませんでした。昨年の今頃に比べると、明らかにまだ数が少ないですが、最初の1羽を確認できたのは大きいです。しばらくの間黙り込んでいたシジュウカラも、今日はつぶやく程度にですが、声を出していました。この状況が続けば、渡り鳥ももっと見つけやすくなります。昼間は水辺でクロハラアジサシを撮影しました。飛んでいるのを撮影しながら、杭でお休み中には、近くに居たヤマトシジミに混じっていたツバメシジミを撮影したりしました。夕方には逆光側へ渡って飛んでくるのを待ったりして楽しみました。
センダイムシクイ
c0001429_013425.jpg

ツバメシジミ
c0001429_02166.jpg

クロハラアジサシ
c0001429_025543.jpg

c0001429_032480.jpg




に登録しています。Clickで一票、よろしくお願いいたします。

[PR]

by taka_s-birds | 2007-08-26 23:56 | Field日記 2007 | Comments(2)