野鳥フォトグラファー 菅原貴徳の日々。オーロラの下での生活も昔のこと。まるでオーロラのように儚く行ってしまった。あの経験から、何を生み出せるでしょうか。
by taka_s-birds
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Notes
NEW!
HPはこちら
最新情報やギャラリー、過去の発表作品など。
鳥・旅・自然・暮らし。様々な写真作品の中から気に入ったものを上げています。

自己紹介はこちら
introduction page is here


Flickr
Here are my works!




[Links]

クイナ通り Soi 17
DOKODEMO野鳥
里山fieldnote
Hiyokichi UK bird life

Kazuの写真日記!!
安芸ノ野鳥探訪禄
パピリオの”鳥”ロマン/+α
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
最新のコメント
Y.O.さま 憧れ..
by taka_s-birds at 12:37
Hiyokichiさま ..
by taka_s-birds at 12:36
ツノメドリ、エトピリカに..
by Y.O. at 18:44
いい旅をされていますね。..
by Hiyokichi at 21:07
トド、すごかったです。あ..
by taka_s-birds at 04:48
鍵コメントさん。 こん..
by taka_s-birds at 14:38
お返事が遅れ大変申し訳あ..
by taka_s-birds at 11:21
素敵な仕事をされましたね..
by Hiyokichi at 00:23
こちらこそ、お忙しい中あ..
by taka_s-birds at 08:40
先日はJBFでありがとう..
by Hiyokichi at 21:51
検索
記事ランキング
タグ:水に浮かぶ鳥 ( 29 ) タグの人気記事

Bodo1
やっとノルウェーまで来ました。留学先の街、Bodøです。すでにここへ着いて1か月がたってしまいました。ちゃんと、写真撮ってますよ!でも、課題が出たりいろいろ忙しかったので更新できず。
住んでいるところは、すぐ裏が山で、湖まで30分ほどの道があります。そこを歩くといろいろな鳥に会います。
なんとかムシクイ
c0001429_6544725.jpg

親子も キタヤナギムシクイかな?
c0001429_6571561.jpg

こちらはカモメの親子
c0001429_657555.jpg

c0001429_6582862.jpg

こちらコサメ?
c0001429_752548.jpg

温かい日にはトンボも見ました。そうはいっても15度くらいですが。今はもっと寒くて、気温7度ほど。見かけなくなりました。ヤンマ系ですね。
c0001429_659383.jpg


こっち来て最初のオーロラも見ました。
c0001429_73281.jpg


次回はまた海辺の写真でも載せますね。
明日また朝早くから実習があるのでこの辺で。
[PR]

by taka_s-birds | 2012-09-14 07:01 | ノルウェー暮らしの日々2012-13 | Comments(2)
秋のおわり。
紅葉も終わりを迎えるこの季節。
まだなんとか残っていたモミジで虫を探すメジロ。
c0001429_140632.jpg


この木を中心に、混群が餌をとっていたので、しばらく待ってみましたが、なかなか思ったようには来てくれませんね。

年末でちょっと時間もできたので、最近はちょくちょく出掛けています。そのうちにまた載せますね。
c0001429_1424582.jpg
c0001429_14306.jpg
c0001429_1431650.jpg

[PR]

by taka_s-birds | 2011-12-30 14:03 | Field日記 2011 | Comments(0)
航海 -海鳥編1-
ようやく、航海らしい写真です。函館を出てから塩竃を経由し、東京へもどるまで、太平洋側では多くの海鳥を見ることが出来ました。特に、北の方が種類も数も多くみられました。その中から、まずはミズナギドリ類と、ウミツバメ類を載せたいと思います。

まず、函館を出港して最初に群れが見られたのが、アカアシミズナギドリ。海面で休んでる群れも多くいました。函館-塩竃間では、見れらたほとんどがこのアカアシミズナギドリでした。
アカアシミズナギドリ Puffinus carneipes
c0001429_1336356.jpg

ここからは、塩釜を出てからです。ここからは、一気に種類が増えた気がしました。というのは、いずれもまだ見たことのない種類だったからです。

船が近づいても逃げず、思わず轢いてしまうのではないか、と思われたハイイロミズナギドリ。お陰で近くで撮影出来ました。
ハイイロミズナギドリ Puffinus griseus
c0001429_13355274.jpg


こちらは、ミナミオナガミズナギドリ、だと思うんですがねぇ…ヒメシロハラミズナギドリ?。背面のパターンが印象的でした。ある海域で多くみられました。
ミナミオナガミズナギドリ Puffinus bulleri
c0001429_13355850.jpg


こちらは少し遠かったですが、ハジロミズナギドリ。なんとなく、面白い顔をしてるような気がします。
ハジロミズナギドリ Pterodroma solandri
c0001429_13353270.jpg

c0001429_13353573.jpg



そして、こちらはコシジロウミツバメ。沢山飛んでいましたし、中には水面で休んでいる群れもありました。海面に降りた物は、目を凝らさないとなかなか見つかりませんでしたが、割と船に敏感に飛び立つので、、結構な数がいたことがわかりました。
コシジロウミツバメ Oceanodroma leucorhoa
c0001429_13362259.jpg

c0001429_1336257.jpg

c0001429_13362898.jpg


ちなみに、海鳥類の見わけには自信がありません。箕輪さんの文一海鳥図鑑を参考に同定しました。
[PR]

by taka_s-birds | 2011-09-25 14:25 | Field日記 2011 | Comments(2)
もうすぐ終わりです
こんばんは。

旅に出てから、早いものでもう30日になります。

特に後半は国をまたいでの移動が多く、毎日が過ぎるのが早かったです。そして、そのそれぞれの土地で違う空気を感じ、その一つ一つが刺激となっています。
今、こうして残り少ない時間を過ごし、さみしい気持ち、なんとなくほっとするような気持ちの両方が有ります。明日の昼過ぎには、最後の街へ向かいます。そこから3/31に東京行きの飛行機に乗り、とりあえずは一段落、ということになります。最後まで、とにかく家に帰るまでは気を抜かずに行こうと思います。

さて、この後半というのは、いずれも首都を回る日程でした。以前の日記に書いたとおり、観光の要素が強く、鳥なんか見てる場合ではないと思っていたのですが…

ヨーロッパは、本当に鳥との距離が近い。

たとえ、それが王宮の目の前であろうが、
c0001429_681097.jpg


たとえ、その時市場を物色している最中であろうが、
c0001429_63236.jpg


たとえ、そこが世界遺産に登録されている要塞であろうが、
c0001429_623482.jpg



つまりは、自然と鳥にも目が行ってしまうのです。
というか、自然とそちらに引き寄せられてしまうのです。




お陰で、恐ろしい勢いで毎日写真が溜まって行くのでした。

家に帰ったら、まず、部屋と荷物の片付けになるのでしょうか。

写真の整理はそれからかもしれません。

でも、この1カ月で蓄えたものを、上手く活用する方法を考え続けます。

そして、それをこの旅で完結させるのではなく、日本へ帰ってからの活動に生かしたいです。

様々な方面に。

毎日、写真を撮って、撮り続けた1か月。

自分の人生で初めてのことです。

これを、生かさないで無駄にしたら、ここまで来た意味が有りません。

そう思いながら、また進んで行こうと思っています。
[PR]

by taka_s-birds | 2011-03-29 06:09 | Field日記 2011 | Comments(2)
新年一発目!
少々遅くなってしまいましたが、みなさま、新年明けましておめでとうございます。
昨年はなかなか更新できず、折角見に来て下さる皆さんの期待にこたえられず、申し訳ありませんでした。
「全然撮影に出かけてないの?」というような声もチラホラ頂くのですが、以前ほどでないにせよ、撮影は行っていました。お蔵入りになってしまった写真も沢山あります。
今年はもう少し更新頻度を上げたいな、と思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Blogの掲載画像も大きくしましたので、クリックして頂くとそこそこ大きく見られます。


というわけで、昨年と同様、今年も1/3に海へと撮影に行き、2011年の初撮りを行ってきました。
日の出に間に合う時間にバスは出ていないので、4時半に家を出て、なるべく早く現地に着けるようなルートで現地へと向かいました。空は雲が多かったのですが、無事、切れ間から朝日が出てくれ、撮影をスタート出来ました。
到着した時点で、この頃出ている鳥はほとんどが干潟に降りてました。ミヤコドリが比較的近距離に沢山降りてくれていたので写していると、上空にはズグロカモメ、周囲にはハマシギの群れ。
c0001429_15225956.jpg
c0001429_15231043.jpg
c0001429_15232353.jpg



一通り写すことが出来たので、堤防から水面を見渡すと、スズガモ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリの数は少なかったものの、毎年のビロードキンクロは健在でした。最初は遥かかなただったのですが、途中に船に飛ばされて半分の距離、それから昼過ぎにどんどんこちらへ泳いで来てくれたので、「それ」と分かる距離で写すことが出来ました。
c0001429_15244865.jpg


堤防の反対側では、潮があげてきて残ったわずかな干潟に、ミヤコドリとハジロコチドリが見られました。
c0001429_15255741.jpg
c0001429_1526810.jpg


日差しが有るうちは暖かかったのですが、雲に太陽が隠れてしまってからは、堤防の上は寒いということで、数駅離れた公園に移動。日が傾きかけている中、タシギやハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、ノスリ、チュウヒなどを眺めて帰ってきました。
c0001429_15275491.jpg
c0001429_1528143.jpg


2010年の初撮りは、シャッターを沢山切ることが出来、気持ちよく終わりました。







と、始まったはいいのですが・・・
[PR]

by taka_s-birds | 2011-01-04 15:29 | Field日記 2011 | Comments(4)
冬の始まり
文化の日に撮影したものです。いつもの林へ行ってみると、コゲラが群れて行動していました。ほとんどが木の高いところにいたのですが、時折下の方へ降りてくるものがいたので、向こうから近づいてくるのを待って写したものです。ほかにアカハラ2羽と、シメといった冬鳥を確認することが出来ましたが、数週間前に見たアカゲラは声も聞こえず、少しさびしい感じでした。
c0001429_12451967.jpg


近くの池には、キンクロハジロやオナガガモ、ヒドリガモを中心に、カモ類が多く来ていました。背景となる山の紅葉は始まったばかりの感じでしたので、もう少ししたら、また改めて撮影に行こうかと思います。とりあえず、1羽だけいたホシハジロを。
c0001429_12452714.jpg




突然ですがHPが消えてしまいました。今までずーっとinfoseekのサーバーを使っていたのですが、先月を持って突然のサービス停止となってしまいました。データは手元にあるので、また改めてほかの場所にもアップ出来るのですが、しばらくはそのような予定はありません。よさそうなサーバーが有ればまた考えようと思います。これにともない、このBlog内の画像の一部も表示されなくなっています。今度時間が出来たらまた構成しなおしますので、しばらくお待ちください。
[PR]

by taka_s-birds | 2010-11-07 12:52 | Field日記 2010 | Comments(2)
曇り空の海岸
今日は今にも雨が降り出しそうな空模様の中、3時に起床し、鳥好きな大学の友人と一緒に海岸の公園を回りました。天気もこんなで、人を案内するのであれば500mmは邪魔かな、と思い、双眼鏡、50mm、28mm、手持ち撮影用の200mm、EOS50Dだけ持っての鳥見でした。

まずは、対岸の火山とカンムリカイツブリです。この個体は冬羽ですが、夏羽になっているものも結構いました。1月に訪れた海岸では1羽もこの鳥が見られずに心配しましたが、ここではそれなりの数が見られました。沖合には、夏羽になったハジロカイツブリの群れ、相当な数のスズガモなども見られました。

カンムリカイツブリ Podiceps cristatus
c0001429_22114086.jpg


林の中では、ツグミ、シロハラ、アカハラ(亜種オオアカハラ雄)、トラツグミのツグミ類、ルリビタキ、ジョウビタキ、アオジなど、この時期にこのあたりで見られそうな鳥は大体見ることが出来ました。

シロハラ Turdus pallidus
c0001429_22115128.jpg

トラツグミ Zoothera dauma
c0001429_2212193.jpg

アオジ Emberiza spodocephala
c0001429_22121828.jpg


さて、干潟の方はまだ渡りのシギチにはまだ早く、コチドリが1羽と、なぎさにわずかなシロチドリが見られただけ、セイタカシギさえもいなかったので、午後からは有名な干潟へ移動することに。見たい鳥もいたので。こちらでは難なくセイタカシギを見ることに成功。様々な羽色の個体を、目の前で観察することが出来ました。ほかに越冬中のホウロクシギやダイゼンを見て種類を稼ぎ、思いがけずベニマシコの雄も見ることが出来ました。

セイタカシギ Himantopus himantopus
c0001429_22123975.jpg


しばらく室内でのんびりと過ごした後、帰りがてら、見たかったカモを探すことに。探索開始後すぐ、干潟の千羽以上のハマシギ、ユリカモメ、カモの群れが一斉に飛び回ったので上空を見上げるとハヤブサが旋回していました。お陰で最初から探しなおすことになりましたが、案外あっけなく会うことが出来、近くで普通のと並んだ写真を撮って締めることが出来ました。
ユリカモメ・ハマシギなど
c0001429_22155149.jpg

コガモ Anas crecca crecca / Anas crecca carolinensis
c0001429_22125251.jpg


家に帰り、ノートをまとめると57種+1亜種。2か所回ったのも有りましたが、やはり、重たいレンズを持たずに真剣に探すと、かなり多くの種類に会えるようです。天気もなんとか最後まで持ってくれ、それなりに喜んでもらえたので、なかなか満足のいく鳥見でした。
[PR]

by taka_s-birds | 2010-03-28 22:42 | Field日記 2010 | Comments(6)
初認
少し前の写真になります。木曜日のものです。

この日は午前中だけ空いており、天気もよさそうだったので、久しぶりに川へと出かけてきました。土手周辺ではツグミが集結していたり、多数のヒバリが囀っていました。ペアで行動している者もいて、巣作りももうすぐなようでした。満開の菜の花の合い間では、ホオジロとカシラダカが採餌していました。時々チョウゲンボウが通過するたびに飛び立つので、落ち着いてはいない様子でした。カシラダカは頭が黒いものはいませんでしたが、羽色は徐々に濃くなってきている感じでした。
池のようになっている方を覗くと、水面には今期初・夏鳥のツバメが3羽飛び回っているのを確認できました。ほかの場所ではコチドリも見られたそうで、水辺が活性化するのももうすぐなようです。また、コガモの群れを見ることが出来たので、もしやと思って待っていると、期待通りにオオタカ成鳥が出てきてくれました。こちらの姿を見て狩りはやめた様子でしたが、しばらく周辺を旋回してくれたので、青空に飛ぶ姿を写すことが出来ました。ブラインドさえあれば、決定的な場面を写せそうな感じもある飛び方でした。
コガモ Anas crecca
c0001429_0345977.jpg

オオタカ Accipiter gentilis
c0001429_0352325.jpg

ウグイス Cettia diphone
c0001429_0361858.jpg

カシラダカ Emberiza rustica
c0001429_0363866.jpg

ヒバリ Alauda arvensis
c0001429_0365381.jpg

ツバメ Hirundo rustica
c0001429_037762.jpg
c0001429_0371462.jpg



風が非常に強く、完全に集中力をそがれてしまったので、予定のタイムリミットよりも早い昼前には機材をしまって帰宅しました。次回出かけるころにはツバメも増え、干潟にコチドリが歩いていれば、と期待します。あと、この日は見つけられませんでしたが、柳の新芽につくレンジャクにも会いたいところです。
[PR]

by taka_s-birds | 2010-03-15 00:38 | Field日記 2010 | Comments(0)
春ですね。
気付いたら1か月以上、写真を撮りに出かけてませんでした。今日はとても暖かい日でした。午後から久しぶりの撮影に出かけてきました。

まず川を覗いてみるとコサギとダイサギが採餌中で、ときどき通る人影に反応して飛びまわりながらも、何回も同じ場所に戻ってきていました。地形上、ローアングルから撮影出来ないのは残念でしたが、しばらく写してました。途中、ダイサギ同士が派手に喧嘩する場面もありましたが、背景がどうにもならず・・・
それから池に移動し、カモ類を見渡してみるも、数がかなり減ってました。特にオナガガモは顕著で、数羽しか見かけませんでした。逆にハシビロガモは何故か倍増していましたが、どの種類も動きが鈍かったので、ハシビロガモ雄の羽ばたきを写したところで、早めに帰路に着きました。
コサギ Egretta garzetta
c0001429_21422798.jpg

ダイサギ Ardea alba
c0001429_2144769.jpg
c0001429_2144162.jpg

ハシビロガモ Anas clypeata
c0001429_214535.jpg


ダイサギとコサギって、違う属なんですね。初めて知りました。

今日の収穫としては、キヅタの実をついばむヒヨドリの姿を見れたこと。もう熟してるんですね。県内ですでにあれが飛来したという話もあるので、これからの時期に向け、大きな一歩です。
[PR]

by taka_s-birds | 2010-02-25 21:47 | Field日記 2010 | Comments(2)
カモ撮影
日曜日の午後、雑木林でカメラを出さないまま観察していると、ヒヨドリなどが一斉に逃げたので近づくと、少し先の藪からオオタカの成鳥が出てきました。双眼鏡で見ただけでしたが、やはり、近い距離で見るオオタカはカッコいいです。今度はあの距離で撮らせてもらいたいですね。それから池へ行き、カモを撮影してきました。前回行った時に比べ、倍かそれ以上にカモの数は増えていました。オナガガモ、ヒドリガモが中心で、珍し系のカモは入ってませんでしたが、アメヒの雌と思われる個体が1羽ました。少数派でそこそこいるのは、キンクロハジロとハシビロガモ。特にハシビロガモの飛翔が写したかったので狙ったのですが、動きが少なく、なかなか写すのが難しいカモでした。代わりに、この日はオナガガモが求愛ディスプレイをしていたので、それを撮影することに。何の前兆もなくポーズを取るので何枚シャッターを切ってもなかなか写りませんでしたが、何とか1枚、角度が悪いながらも、ポーズを取る瞬間が写ったものが有りました。夕方になるとカモたちは岸に上がり始めたので、中間リングとLive Viewを使って、ドアップ写真を撮ってみました。LVの便利さを実感した撮影となりました。
ハシビロガモ Anas clypeata
c0001429_1944695.jpg

オナガガモ Anas acuta
c0001429_19443213.jpg
c0001429_19444168.jpg
c0001429_19445212.jpg
c0001429_1945199.jpg

[PR]

by taka_s-birds | 2010-01-12 01:13 | Field日記 2010 | Comments(2)