人気ブログランキング |

野鳥フォトグラファー 菅原貴徳の日々。オーロラの下での生活も昔のこと。まるでオーロラのように儚く行ってしまった。あの経験から、何を生み出せるでしょうか。
by taka_s-birds
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Notes
NEW!
HPはこちら
最新情報やギャラリー、過去の発表作品など。
鳥・旅・自然・暮らし。様々な写真作品の中から気に入ったものを上げています。

自己紹介はこちら
introduction page is here


Flickr
Here are my works!




[Links]

クイナ通り Soi 17
DOKODEMO野鳥
里山fieldnote
Hiyokichi UK bird life

Kazuの写真日記!!
安芸ノ野鳥探訪禄
パピリオの”鳥”ロマン/+α
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
カテゴリ:Field日記 2010( 24 )

春ですね。
気付いたら1か月以上、写真を撮りに出かけてませんでした。今日はとても暖かい日でした。午後から久しぶりの撮影に出かけてきました。

まず川を覗いてみるとコサギとダイサギが採餌中で、ときどき通る人影に反応して飛びまわりながらも、何回も同じ場所に戻ってきていました。地形上、ローアングルから撮影出来ないのは残念でしたが、しばらく写してました。途中、ダイサギ同士が派手に喧嘩する場面もありましたが、背景がどうにもならず・・・
それから池に移動し、カモ類を見渡してみるも、数がかなり減ってました。特にオナガガモは顕著で、数羽しか見かけませんでした。逆にハシビロガモは何故か倍増していましたが、どの種類も動きが鈍かったので、ハシビロガモ雄の羽ばたきを写したところで、早めに帰路に着きました。
コサギ Egretta garzetta
春ですね。_c0001429_21422798.jpg

ダイサギ Ardea alba
春ですね。_c0001429_2144769.jpg
春ですね。_c0001429_2144162.jpg

ハシビロガモ Anas clypeata
春ですね。_c0001429_214535.jpg


ダイサギとコサギって、違う属なんですね。初めて知りました。

今日の収穫としては、キヅタの実をついばむヒヨドリの姿を見れたこと。もう熟してるんですね。県内ですでにあれが飛来したという話もあるので、これからの時期に向け、大きな一歩です。

by taka_s-birds | 2010-02-25 21:47 | Field日記 2010
沼へ
昨日金曜日のことです。寝ていたらHOIさんから電話をいただき、割と近場の雑木林・沼へと連れて行って頂けることになりました。先に雑木林を回ると、あちこちにルリビタキがいました。同時に3羽見れた時もあるほどで、常に鳴き声が途切れない感じでした。その中で、青い雄は2羽でした。ほかにめぼしい鳥は、個人的に今期初のカシラダカを見たくらいでしたが、ルリビタキを沢山写せただけでも良かったです。まぁ、個体数・撮影枚数の割にいい写真はないのですが。それから沼へと移動し、日が暮れるまで歩きながら鳥を探しました。遠くに2羽のミサゴ、ミコアイサ、カンムリカイツブリなどが見えました。期待したチュウヒは、1羽が飛んでいましたが、タイミングが悪く、撮影はできませんでした。ただ、日が暮れるころになって沼の中心部を飛ぶ白い鳥を発見、確認すると、ヌマアジサシsp.でした。恐らくクロハラアジサシと思いますが、識別するには遠すぎました。それでも、アジサシ類が出るとは予想外の出会いで、驚きました。
ルリビタキ Tarsiger cyanurus
沼へ_c0001429_114959.jpg
沼へ_c0001429_1149141.jpg

アオサギ Ardea cinerea
沼へ_c0001429_11492677.jpg


by taka_s-birds | 2010-01-16 23:37 | Field日記 2010
カモ撮影
日曜日の午後、雑木林でカメラを出さないまま観察していると、ヒヨドリなどが一斉に逃げたので近づくと、少し先の藪からオオタカの成鳥が出てきました。双眼鏡で見ただけでしたが、やはり、近い距離で見るオオタカはカッコいいです。今度はあの距離で撮らせてもらいたいですね。それから池へ行き、カモを撮影してきました。前回行った時に比べ、倍かそれ以上にカモの数は増えていました。オナガガモ、ヒドリガモが中心で、珍し系のカモは入ってませんでしたが、アメヒの雌と思われる個体が1羽ました。少数派でそこそこいるのは、キンクロハジロとハシビロガモ。特にハシビロガモの飛翔が写したかったので狙ったのですが、動きが少なく、なかなか写すのが難しいカモでした。代わりに、この日はオナガガモが求愛ディスプレイをしていたので、それを撮影することに。何の前兆もなくポーズを取るので何枚シャッターを切ってもなかなか写りませんでしたが、何とか1枚、角度が悪いながらも、ポーズを取る瞬間が写ったものが有りました。夕方になるとカモたちは岸に上がり始めたので、中間リングとLive Viewを使って、ドアップ写真を撮ってみました。LVの便利さを実感した撮影となりました。
ハシビロガモ Anas clypeata
カモ撮影_c0001429_1944695.jpg

オナガガモ Anas acuta
カモ撮影_c0001429_19443213.jpg
カモ撮影_c0001429_19444168.jpg
カモ撮影_c0001429_19445212.jpg
カモ撮影_c0001429_1945199.jpg


by taka_s-birds | 2010-01-12 01:13 | Field日記 2010
初撮りで海へ
少々遅くなってしまいましたが、改めまして、
みなさま、新年明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2010年の初撮りは、3日に海へ行ってきました。日の出の時間帯に着きたかったので、一番早く着けそうな経路を取り、始発のバスに乗って現地へと向かいました。到着時は満潮で、一番の目的であったハマシギ・ミユビシギ・シロチドリなどの混じった群れが飛びまわっていたので、これが2010年の最初の被写体となりました。思った通りにはなかなか飛んでくれないのですが、何とか1枚、わずかにトリミングして使えそうなものが有りました。
ハマシギ Calidris alpina / ミユビシギ Crocethia alba
初撮りで海へ_c0001429_1275655.jpg


しばらくシギチを撮影した後、堤防へ上がり、カイツブリ類・カモ類を撮影することにしました。ところが、水面にはカンムリカイツブリは0、ハジロカイツブリも数羽、遠くにホオジロガモ雄が1羽いるだけで、スズガモも例年よりも少ない感じでした。岸にはいつものシノリガモ、初めて見るコクガンが上がっていましたが、動きもない鳥だったので、少し離れた場所で、ずっとスズガモを写していました。実は、これがシギチに続く今回の目的だったので、4GBのCFが一杯になるまで撮影しました。スズガモの主食は貝だと思っていましたが、観察していると、アオサを食べることの方が多く見られました。
スズガモ Aythya marila
初撮りで海へ_c0001429_1283058.jpg
初撮りで海へ_c0001429_1283817.jpg
初撮りで海へ_c0001429_1284835.jpg


堤防の反対側水面ではズグロカモメが行き来していたので、主に飛翔を撮影しました。この鳥の行動パターンは他のカモメ種よりもアジサシに似ているので、昨夏にコアジサシの写真を徹底的に撮った経験が活きました。
ズグロカモメ Larus saundersi
初撮りで海へ_c0001429_12225628.jpg


日が昇ってからは、干潟に出てハマシギやミヤコドリなどを写しました。クラゲを突っつくミユビシギ、クラゲって栄養になるのでしょうか?夕方には、何とかハジロコチドリを発見できましたが、まともな写真を撮れなかったので、また次回に持ち越しです。
ミユビシギ Crocethia alba
初撮りで海へ_c0001429_12283621.jpg

ミヤコドリ Haematopus ostralegus
初撮りで海へ_c0001429_12284570.jpg

ハマシギ Calidris alpina 
初撮りで海へ_c0001429_12285436.jpg


さて、朝日の写真が今一つだったので夕日で撮りたかったのと、昼間に見つけてしまったある鳥の再出現を願い、日が暮れるまでこの場所で過ごしました。どちらも思い通りには行かず、残念な結果になりましたが、色々と見つけることが出来、新年一発目の撮影は、楽しかったです。今冬の間にあと何回か出かけ、朝日とシギチの群翔、ミヤコドリ、ダイシャクシギ、ハジコチのしっかりした写真を撮りたいと思います。

by taka_s-birds | 2010-01-05 12:35 | Field日記 2010