人気ブログランキング |

野鳥フォトグラファー 菅原貴徳の日々。オーロラの下での生活も昔のこと。まるでオーロラのように儚く行ってしまった。あの経験から、何を生み出せるでしょうか。
by taka_s-birds
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Notes
NEW!
HPはこちら
最新情報やギャラリー、過去の発表作品など。
鳥・旅・自然・暮らし。様々な写真作品の中から気に入ったものを上げています。

自己紹介はこちら
introduction page is here


Flickr
Here are my works!




[Links]

クイナ通り Soi 17
DOKODEMO野鳥
里山fieldnote
Hiyokichi UK bird life

Kazuの写真日記!!
安芸ノ野鳥探訪禄
パピリオの”鳥”ロマン/+α
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
タグ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

数は増えるも・・・
日曜日、午後からタゲリの撮影に出かけました。2週間前と同じ場所に群れを見つけ、カウントすると54羽に増えていました。空は曇っており、前回は逆光となってしまった方向からでも色が出るのでは、と思ってカメラを準備していると、群れ全体が飛んでしまいました。こちらの姿は見えない場所で準備していたので、なにか猛禽でも出たのでは、と思います。群れは頭上を旋回しましたが、先週いい条件で群れを撮影出来ているだけに、使えるような写真は撮れていませんでした。群れが移動した先の田んぼは条件があまり良くなかったので、先々週、先週と夕方に集まっていた田んぼで待つことに。しかし、群れはなかなかやってきてくれず、寒さに負けて帰ってきました。撮影枚数は、最近では珍しいほどに少なく、収穫のあまりない撮影でした。次の撮影は数週間後になるでしょうが、しっかりとした飛翔写真を撮れる条件がそろってほしいところです。
ヒバリ
数は増えるも・・・_c0001429_139552.jpg


by taka_s-birds | 2009-11-30 01:40 | Field日記 2009
カモ少・・・
昨日の話です。先週、タゲリを撮影した場所の先に、数年前にアメリカヒドリらしい鳥を発見した、割とお気に入りのカモポイントが有ります。今年の状況を知りたかったので、芦原でベニマシコとジョウビタキ、田んぼでタゲリ23羽を確認した後、どんな様子か、と行ってみました。ところが、着いてみると、コガモとマガモは例年並みの数がいたのですが、他種、特にヒドリガモは非常に少ない状況でした。そのカモたちも、ほとんどが休息中、ノスリが飛んだ時には少し慌ただしくなりましたが、すぐに休息姿勢に戻ってしまい、撮影にはなりませんでした。池では見ないコガモだけでもしっかりと写したかったのですが。なので、夕方には田んぼへ戻り、タゲリを撮影することにしました。先週の観察で、夕方に集まってくる場所はわかっていたので、そこに隠れて待ち伏せしました。しばらくすると、計45羽が予想通りに飛んできてくれ、飛翔も写すチャンスが有り、いい感じだったのですが、構図がイマイチだったり、翼が切れたりと、これだ!と言えるような1枚は有りませんでした。それでも、行動のパターンは掴めてきたので、冬の間にしっかりと写せれば、と思います。
ジョウビタキ Phoenicurus auroreus
カモ少・・・_c0001429_22205030.jpg

コガモ Anas crecca
カモ少・・・_c0001429_22194196.jpg

タゲリ Vanellus vanellus
カモ少・・・_c0001429_22212274.jpg

カモ少・・・_c0001429_22215675.jpg
カモ少・・・_c0001429_22221652.jpg
カモ少・・・_c0001429_22222642.jpg

ホオジロ Emberiza cioides
カモ少・・・_c0001429_22224415.jpg


by taka_s-birds | 2009-11-24 22:24 | Field日記 2009
無事、到着。
今日は午後から出かけました。そんなに時間もなかったので、とりあえずタゲリが来ているかどうかを見に、田んぼへ行ってきました。
探し始めてすぐ、数年前の渡来初期にいたのとまるっきり同じ場所で、同じように休んでいるのを見つけました。ちょっと違ったのが、前は70羽ほどだったのに対し、今日は27羽しかカウント出来なかった事でした。ここでは金属のフェンスが背景でどうしようもなかったのですが、背中の光沢は奇麗に見えました。しばらくすると飛び立ち、少し離れた田んぼへ移動しました。
逆光で、ちょうど掘り返された土の陰に隠れているように見えました。しかし、目を凝らすとかなり沢山のタゲリが座り込んでいるのが見え、どうやら先ほどの27羽のほかに、元々違う群れがそこにいて合流したように思えました。ほとんどの時間、座ったままの休息でしたが、日が傾いてきたころ、徐々に動き始めたので、順光側に移動して撮影しました。うまい具合に草の陰に隠れることが出来、接近することが出来ました。一回接近できれば、大きな動きさえしなければ逃げないので、ゆっくり写せました。
帰り道、夕焼け染まる空を見ながら何かが出てくるのを待っていると、少し離れた場所にモズがとまって鳴き始めました。少し移動して、富士山を背景に写すことが出来ました。綺麗な夕焼けだっただけに、一緒に鳥を写せて満足でした。
タゲリ Vanellus vanellus
無事、到着。_c0001429_23211457.jpg
無事、到着。_c0001429_23215087.jpg
無事、到着。_c0001429_2321581.jpg
無事、到着。_c0001429_23222180.jpg
無事、到着。_c0001429_23223680.jpg

モズ Lanius bucephalus
無事、到着。_c0001429_23224484.jpg


今日見たタゲリは、ほとんどが幼鳥のようでした。これから換羽が進んでいくにつれ、顔が茶色い個体は減って行くのでしょうか。また、羽縁の色がいつまで残っているのかも気になります。

by taka_s-birds | 2009-11-15 23:25 | Field日記 2009
うみがめ
先日、僕の通っている大学で学祭が有りました。そこで3匹のウミガメの赤ちゃんが展示されていました。名古屋の方の水族館から借りてきたとのことで、今週末に水族館へ帰るそうです。保護動物ですから、通常ではなかなか間近に見る機会はありません。せっかくなので、展示を担当したサークルに知り合いがいたので、今日の昼間、部室の水槽で泳いでる姿を写させてもらいました。流線型の甲羅は、海では枯葉に化けるのに役立つそうですが、こうやって見ると、なるほどなぁ、と思えます。生後3か月で甲長15cmほど、結構分厚い甲羅の形でした。ウミガメといえど、基本的には普通のカメと変わらないようで、水槽の前に人が立つと、餌くれ、とこちらへ泳いできます。お陰で動きが激しく、撮影は上手く行きませんでしたが、細かい部分も見れましたし、このところ更新もあまり出来ていないので載せたいと思います。
アカウミガメ Caretta caretta
うみがめ_c0001429_043626.jpg
うみがめ_c0001429_045091.jpg
うみがめ_c0001429_045757.jpg


寒くなってきましたね。週末は、日曜日に晴れればタゲリやオオジュリンでも探しに行ければ、と思っています。

by taka_s-birds | 2009-11-14 00:06 | そのほか
カモの季節
今日は風が強い一日でした。特にどこかへ行くつもりもなかったのですが、ふと「カモのエクリプスからの換羽写真持ってないや」と思い立ち、池まで出かけてきました。風に負けそうになりながらもなんとかたどり着いた池には、もう結構な数のカモが来ており、また、人にも慣れた個体が多くいました。見られたのは、カルガモやアヒルのほか、多い順にヒドリガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、ハシビロガモ1、ホシハジロ1でした。特に珍しい種がいるわけではありませんでしたが、今までにあまり写したことのなかった羽色のカモを沢山写せたので面白かったです。また、これから冬に向け、カモの飛翔写真も撮りに行きたい場所です。
オナガガモ Anas acuta
カモの季節_c0001429_223727100.jpg
カモの季節_c0001429_22374334.jpg
カモの季節_c0001429_2237529.jpg

ヒドリガモ Anas penelope
カモの季節_c0001429_22392145.jpg

キンクロハジロ Aythya fuligula
カモの季節_c0001429_2242554.jpg
カモの季節_c0001429_22421314.jpg


by taka_s-birds | 2009-11-01 22:42 | Field日記 2009